仮想通貨にはなぜ価値があるのか?将来的に価格が上昇する裏付けを解説

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

・仮想通貨には、なぜ価値があるの?

・仮想通貨は将来的に値上がりするの?

このような悩みを解決できる記事をご用意しました。

仮想通貨は、日常生活で通貨として利用することが少なく、価値がわからないと疑問に思っている人も多いでしょう。

しかし、仮想通貨市場の時価総額は一時、GAFAの一角であるApple社と同等レベルにまで達するなど、金融資産としての価値が上昇しています。

本記事では、仮想通貨にはなぜ価値があるのか、仮想通貨の将来性について解説します。

仮想通貨投資を始めたい人に向けて国内大手の仮想通貨取引所bitFlyerについても紹介しているので、本記事を読めば初心者でも仮想通貨デビューできるようになりますよ。

本記事でわかること

・仮想通貨にはなぜ価値があるのか?

・仮想通貨の価格が将来的に上がる理由

・仮想通貨の値動きの変動が激しい理由

・仮想通貨取引所bitFlyerの口座開設方法

・仮想通貨(ビットコイン)の買い方

仮想通貨にはなぜ価値があるのか?

なぜ仮想通貨に価値があるのかわからないと疑問に思っている人が多いと思います。

仮想通貨に価値がある理由は主に以下の3つです。

①通貨としての3つの機能が備わっているため

②法定通貨として採用している国があるため

③銀行口座代わりになるため

3つの理由について解説します。

①通貨としての3つの機能が備わっているため

仮想通貨は、投機目的のために使われるもので、ただの金儲けのための道具と思っていませんか?

実は、仮想通貨はお金としての機能を果たしています。

お金には以下の3つの機能があります。

尺度

物やサービスに金額を付けることで、価値の尺度を測る機能

例)りんご1個 100円

交換

お金を払うことで物やサービスと交換(売買)できる機能

例)100円支払えば、りんごが手に入る

保存

長期間保存(保管)できる機能

例)100円硬貨は腐らずに、長期保存できる。

これを仮想通貨に当てはめると以下のようになります。

尺度

仮想通貨で物やサービスの金額を表示できる

例)NFT 1点 1ETH(イーサリアム)

交換

仮想通貨で物やサービスと交換できる

例)1ETH支払えばNFTが購入できる

保存

長期間保存(保管)できる機能

例)仮想通貨はデジタルデータだからネット上に長期保存できる

上記のように、仮想通貨にはお金の3つの機能「尺度」「交換」「保存」がすべて備わっています。

仮想通貨はお金としての機能を果たし利用価値があるので、需要が増え続けています。

②法定通貨として採用している国があるため

エルサルバドルや中央アフリカでは、仮想通貨のビットコインを法定通貨として採用しています。

日本人が日本円で買い物をするように、一部の国ではビットコインで日常的な買い物ができる環境が整っているのです。

ビットコインがなければ買い物ができないという環境下では、必然的にビットコイン(仮想通貨)の需要が高まりますよね。

③銀行口座代わりになるため

日本では、銀行口座を持っているのが当たり前ですが、世界には銀行口座を開設できない人が大勢います。

世界銀行が2022年6月に公表した「TheGlobalFindexDatabase2021(https://www.worldbank.org/en/publication/globalfindex/Report)」によると銀行口座を含む金融取引口座保有者は世界的には全体の76%。裏を返せば世界の約4人に1人は銀行口座を持っていません。

仮想通貨は政府が関与できない非中央集権的な通貨のため、スマホとネット環境さえあれば、誰でも審査なしに始められます。

銀行口座を持てない新興国の人々にとっては特に、仮想通貨を利用するメリットがあります。

仮想通貨の価格が将来的に上がる理由・裏付け

仮想通貨は一過性のブームではないか?

将来性があるのか気になっている人もいると思います。

結論、仮想通貨は以下の8つの理由から、今後も長期目線では価格が上がると予想されます。

①資産の投資先として仮想通貨が普及する

②将来的に仮想通貨の需要が高まると予想される

③仮想通貨の認知度の向上・サービスの充実

④仮想通貨が法定通貨や決算手段として普及する

⑤仮想通貨の大手取引所への上場

⑥Burn(バーン)により供給量が減少する

⑦仮想通貨のアップデートにより性能が向上する

⑧通貨危機が発生すると需要が高まりやすい

以上、8つの理由について順番に解説します。

①資産の投資先として仮想通貨が普及する

資産の投資先といえば、株式や債券、不動産などが挙げられますが、近年では新たな資産の投資先として、仮想通貨を選択する人が増加中です。

ビットコインの場合は特に発行量が2100万BTCに制限されていることから希少性の高い資産として注目されています。

有限で価値のある「金(ゴールド)」と特徴が似ているためビットコインは別名「デジタルゴールド」とも言われています。

②将来的に仮想通貨の需要が高まると予想される

仮想通貨は暴騰・暴落を繰り返しているので「ギャンブルだ」と感じるかもしれません。

しかし、上記チャートのようにビットコインの価格は長期的には右肩上がりで伸び続けています。

暴騰・暴落しやすいタイミングも決まっています。それはビットコインの半減期です。

半減期とは新規発行されるビットコインの枚数が半減するイベントのことです。半減期は約4年に1度の周期で訪れます。

くわしい仕組みを理解する必要はありません。

押さえておきたいポイントは、半減期後、ビットコイン価格が暴騰する傾向がある。

その後、長い低迷期が訪れるという点です。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に関しても、ビットコインに釣られて価格変動する傾向があります。

次回は2024年に半減期が訪れると言われています。

2023年2月現在、仮想通貨市場は冬の時代と言われていますが、長期目線で考えると低迷期こそ投資のチャンスと言えます。

③仮想通貨の認知度の向上・サービスの充実

仮想通貨の認知度が向上し、一般の人でも使いやすくなれば仮想通貨の価値が高まります。

例えば、大手企業が仮想通貨を導入する、決済に利用されるなど、仮想通貨が身近な存在になれば価値が上昇する傾向です。

特に、大手企業との提携を発表した場合などは、プラス材料として価格の上昇に繋がるケースがあります。

④仮想通貨が法定通貨や決算手段として普及する

仮想通貨は投資対象としてだけでなく、法定通貨や決算手段として実用化することで需要が高まります。

2021年にはエルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨に採用しました。

さらに、2022年には中央アフリカがビットコインを法定通貨として採用しています。

2年連続で、ビットコインが法定通貨として採用されていることから、今後もビットコインを法定通貨として定める国が出てくる可能性があります。

国の通貨として仮想通貨が採用されるということは、仮想通貨が信用できる通貨として機能していることの証明にもなります。

⑤仮想通貨の大手取引所への上場

仮想通貨の取引所は国内外に多数存在しますが、大手の取引所に上場しているコインの方が、多くのユーザーに認知してもらえるので、価格が上がりやすくなります。

大手の取引所への上場とともに、そのコインの価格が高騰することはよくあるので、仮想通貨にとって大手取引所への上場は大きなポイントです。

国内の取引所であれば、bitFlyer、コインチェックなどが有名です。

bitFlyerでは、ビットコインがもらえる口座開設キャンペーンが行われていることがあるので公式サイトをチェックしておきましょう。

⑥Burn(バーン)により供給量が減少する

仮想通貨におけるバーンとは、流通している仮想通貨の枚数を減らす行為のことです。

供給量を減少させることで希少性が高まり、価格の上昇が期待できます

たとえば、上記チャートのように2021年5月にシバイヌ(SHIB)が高騰していますが、これはイーサリアム・共同創業者のヴィタリック・ブテリン氏が保有するシバイヌ(SHIB)の90%にあたる67億ドル相当をバーンしたことが原因です。

⑦仮想通貨のアップデートにより性能が向上する

仮想通貨はセキュリティや機能性を向上させるために、定期的にアップデートを行なっています。

例えば、イーサリアムの場合、過去に何度もアップデートを行ってきましたが、アップデートされると性能が上がるだけでなく、価格自体も上昇する傾向があります。

上記チャートのように○を付けたタイミングでイーサリアムは大型アップデートを行っており、いずれも価格が高騰しています。

⑧通貨危機が発生すると需要が高まりやすい

海外では、ハイパーインフレにより自国の通貨の価値が暴落した事例があります。

たとえば、2018年にはトルコが通貨危機に遭い、リラの価値が暴落。

トルコリラの暴落により、トルコリラ建てでのBTC(ビットコイン)取引量が急増しました。

2023年1月現在でも、リラによるビットコインの取引量は世界の上位に入っています。

仮想通貨の値動きの変動が激しい理由

仮想通貨は値動きが激しいハイリスク・ハイリターンな投資だから、怖いと考えている人もいるのではないでしょうか。

値動きが激しい理由を理解しておくことで、仮想通貨投資への心構えができます。

仮想通貨の価格変動が激しい主な理由は以下の3点です。

①株式市場と比べて取引量が少ないから

②1日の値動きに上限が設定されていないから

③各国の法整備が整っていないから

上記3つの理由について解説します。

①株式市場と比べて取引量が少ないから

仮想通貨市場は、株式と比べて取引量が少ないのが現状です。

そのため、「クジラ」と呼ばれる大口投資家の売買が価格に大きな影響を及ぼします。

将来的に、仮想通貨の投資家人口が増え、市場が拡大すれば価格は安定していくと考えられます。

②1日の値動きに上限が設定されていないから

株式投資の場合、急激な暴騰、暴落を防ぐために値幅を制限する仕組みがあります。

暴騰を防ぐのが「ストップ高」で、暴落を防ぐのが「ストップ安」です。

一方で、仮想通貨には値幅制限の仕組みが存在しません。

そのため、銘柄やタイミングによっては1日〜数日で価値が数十倍〜数百倍以上になることもあります。

③各国の法整備が整っていないから

仮想通貨は発展途上のため、各国での法整備が整っていません。

規制が入れば価値は暴落し、法整備によって取引しやすい環境が整えば、ユーザーが増えて仮想通貨の価値が高まります。

各国における仮想通貨のルールが定まるまでは、価格が安定しにくいと考えられます。

仮想通貨投資の始め方

仮想通貨の仕組みを理解できたら、実際に仮想通貨の取引を始めてみましょう。

仮想通貨の購入は以下の手順で完了します。

①仮想通貨取引所で口座開設をする(無料)

②仮想通貨取引所に日本円を入金する

③仮想通貨を購入する

上記、3ステップについて解説します。

①仮想通貨取引所で口座開設をする(無料)

まずは、仮想通貨取引所で口座開設を行います。

今回はビットコイン取引量6年連続No.1の実績を誇る国内大手のbitFlyerを例に解説します。

まずは、bitFlyerより口座開設を行います。bitFlyer公式サイトはこちらから

「新規登録」から手順にしたがって、必要事項を入力しましょう。

口座開設は無料で、10分程度あれば完了します。

②仮想通貨取引所に日本円を入金する

審査が完了したら、bitFlyerに日本円を入金します。

日本への入金はパソコンからでも、bitFlyerのスマホアプリからでも可能です。

まずは、パソコンからの入金方法を解説します。

トップ画面から①入出金、②日本円、③入金の順でクリック。その後、入金方法を選択して入金を済ませてください。

おすすめの入金方法はインターネットバンキングの住信SBIネット銀行です。手数料無料で、原則、即時入金が反映されます。

続いて、スマホアプリからの入金方法を解説します。

まずbitFlyerアプリにログインしてください。

ログインしてトップページが表示されたら「入出金」をタップします。

続いて、どこの銀行から入金するか選択します。

その後は、入金額、支店名などの必要事項を入力して入金処理を済ませましょう。

最後に「登録を受け付けました」の表示が出れば入金作業は完了です。

③仮想通貨を購入する

日本円の入金が完了したら、仮想通貨を購入できます。

パソコン、スマホアプリのどちらからでも仮想通貨を購入することが可能です。

今回は例としてビットコイン(BTC)の購入方法について説明します。

まずは、パソコンからビットコインを購入する方法を解説します。

ログイン後、ホーム画面から取引所をクリック。数量、価格を入力後、「買う」をクリックするとビットコインを購入できます。

続いて、bitFlyerのスマホアプリからビットコインを購入する方法を解説します。

まずはbitFlyerのスマホアプリにログインしてください。

初期画面では販売所の画面になっているので、「取引所」をタップします。

(販売所でもビットコインを購入できますが、取引所の方が安く買えます。)

BTC」をタップすると、BTCの取引画面に移ります。

数量(BTC)、価格(JPY)を入力後、「買う」をタップ。その後、注文確定をすれば完了です。

あとは約定(売買成立)するのを待ちましょう。

まとめ

仮想通貨は、年々機能がアップデートされており、実用化が進んでいます。

中には、法定通貨として採用している国もあり、通貨としての役割を果たしています。

仮想通貨は、株式と比べて取引量が少なく、値幅制限がないため、値動きが激しくなる点が特徴です。

しかし、仮想通貨が普及し取引量が増えれば、価格は安定してくると考えられます。

短期的に見ると値動きが激しくハイリスク・ハイリターンな投資に思える仮想通貨ですが、長期的には右肩上がりで市場が成長しています。

仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

まずは、ビットコイン取引量6年連続No.1の実績を誇る国内大手取引所のbitFlyerで口座開設しましょう。

口座開設は無料で、10分あれば登録が完了します。

口座開設時のキャンペーンを利用すれば、ビットコインがもらえるのでノーリスクでビットコイン投資をすることも可能です。

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。