【初心者必見】NFTの始め方や購入方法をわかりやすく解説!

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

 

「NFTって最近よく聞くけどどう始めたら良いの?」「NFTは投資としてはどうなの?」と疑問に思われている方は多いのではないでしょうか。

NFTは仮想通貨を扱うため購入まで難しいと思われているかもしれませんが、そんなことはありません。手順通り進めれば簡単に購入できます。

本記事を読むとNFTについて以下のことがわかります。

本記事でわかること

  • NFTとは
  • NFTアートとは
  • NFTの始め方・購入方法

NFTとは

NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、日本語にすると非代替性トークンです。

NFTを簡単に説明すると「所有者が証明可能なデジタルデータ」だといえます。

所有者が証明可能な点が、NFTが注目されている理由の1つです。

 

ここではNFTの仕組みや用途について説明します。

ブロックチェーン技術をもとに発行される

NFTはブロックチェーンの技術をもとに発行されています。

ブロックチェーンとはサーバー上でたくさんの人によって管理される改ざんが極めて難しい技術です。

このブロックチェーンの技術を使うことで、所有者が証明可能なデジタルデータとなります。

従来のデジタルアートは単なる画像でしかなく、簡単にコピーされてしまい自分の所有物だと証明できませんでした。

しかしブロックチェーンの技術を使うと、サーバー上に取引履歴が残ります。その履歴は改ざんが難しいため、デジタルアートの所有者を証明してくれます。

ブロックチェーンの技術が発展したことにより、NFTが注目されているといえるでしょう。

用途はさまざま

NFTはさまざまな用途があり、以下のものに使われています。

  • デジタルアート

  • 音楽

  • 動画

  • オンラインチケット

  • トレーディングカード

  • ファッション

特にデジタルアートとしての使い方が人気です。

NFTのアートは2021年3月にデジタルアーティストであるビープルの作品が、約6,935万ドル(約75億円)で落札されたことにより注目を集めました。

アート以外にも、証明書としての役割が注目されています。

NFTの技術を使い「寄付の証明」や「セミナーに参加した証明」など、今までは難しかったものの証明を簡単にしてくれます。

NFTアートとは

NFTにはさまざまな活用方法がありますが、特にアートが人気で、その中でも「PFP」と呼ばれるSNSアイコンが主流です。

PFPとは「profile picture」の略で、Twitterでアイコンにしている人を見かけたことはあるのではないでしょうか。

ここではNFTアートについて以下の内容を紹介します。

  • NFTのマーケットプレイスについて

  • NFTの投資は長期目線で

  • 海外で人気なNFTアート

  • 国内で人気なNFTアート

NFTのマーケットプレイスで購入可能

NFTアートは「OpenSea」というマーケットプレイスで購入できます。

OpenSeaは世界最大級の取引量を誇っており、国内だけでなく海外NFTの購入も可能です。

サイト内で最新のトレンド情報や売上ランキングなど確認できるため、現在どんなNFTが人気なのかを簡単に把握できます。

現在の最低価格や今までの取引量も確認できるので、長期的に人気があるのか確認しやすいサイト設計です。

NFTアートの購入を検討されている方は、OpenSeaを1度覗いてみましょう。

>>OpenSeaはこちら

NFTの価値は仮想通貨に大きく影響される

NFTはイーサリアム(ETH)に起因するものが多いため、イーサリアムの価格によって価値が変動します

現在仮想通貨が冬の時代を迎えているため、NFTを手に入れやすい状況です。

例えば、1ETHで販売されているNFTがあるとします。

イーサリアムは2021年11月に最高値約54万円を記録していますが、現在の価格は約16万円(2022年12月22日現在)のため、約38万円の差がある状況です。

2021年11月から2022年12月までNFTの価格が1ETHで変化していないと仮定します。

NFTの価格は変わっていないにもかかわらず、イーサリアムの価格変動により約38万円もの差がNFTにも生まれます。

このような状況から現在はNFTが購入しやすい状況だといえるでしょう。

NFTアートの投資は長期目線で

NFTアートへの投資は長期目線で行いましょう。

NFTを国内で購入している人は、約1万人弱しかいないといわれています。日本の人口が約1.2億人であるため、NFTを持っている人は国民の1%未満という状況です。

そんな状況のため、今後NFTが大衆化したときに、現在NFTを持っている人は先行者利益が取れると予想できるでしょう。

今NFTを手に入れておけば、産業の成長と共に価値も上がっていく可能性が高いといえます。

海外で人気なNFTアート

NFTアートの文化は海外から始まっており、驚くほど高値で取引されています。

ここではその中でも特に人気で価格の高い海外のNFTアートを紹介します。

紹介するNFTアートであるPFPは以下の2つです。

  • Bored Ape Yacht Club(BAYC)
  • CryptoPunks

【Bored Ape Yacht Club(BAYC)】

                         引用:OpenSea

「Bored Ape Yacht Club」は通称「BAYC(ベイシー)」と呼ばれており、攻撃的な猿が特徴的なNFTアートです。

BAYCは2021年4月に10,000点の限定で発売されました。

発売当初は0.08ETH(当時のレートで約2万円)でしたが、現在は最低取引価格69ETH(2022年12月22日現在:約1,100万円)で取引されています。

最も高額で取引されたBAYCの価格は696.969ETH(当時のレートで約3億3,000万円)と驚きの価格です。

海外のセレブたちがSNSのアイコンとして使用したことにより、話題になったプロジェクトです。

【CryptoPunks】

                                                                   引用:OpenSea

CryptoPunksはドット絵で描かれたNFTアートです。

CryptoPunksは2017年にフリーミントされました。フリーミントとは無料配布のようなもので、手数料のみでNFTアートを手に入れられます。

最も高額で取引されたCryptoPunksは2022年2月12日に8,000ETH(当時のレートで約27億円)で取引されました。

無料配布されたものが約27億円になったなんて信じられないでしょうが、実際に起きている事象です。

国内で人気なNFTアート

国内のNFTアートは2022年に盛り上がり始めました。

現在はジャパニーズNFTとして、海外でも注目され始めています。

ここではその中でも特に人気で価格の高い国内のNFTアートを紹介します。

紹介するNFTアートであるPFPは以下の2つです。

  • CryptoNinjaPartners(CNP)

  • Aopanda Party(APP)

【CryptoNinjaPartners(CNP)】

                                                                  引用:OpenSea

CryptoNinjaPartnersは、通称「CNP」と呼ばれています。

2022年5月15日に発売された国内No.1プロジェクトです。

当初の価格は0.001ETH(当時のレートで約300円)で発売されました。国内プロジェクトは最低価格で語られることが多く、2022年11月には最低価格が3ETH(当時のレートで約50万円)を突破しました。

CNPは投資以外にも持っているだけで特典を受けられます。

ふるさと納税やアニメ化などさまざまな分野に進出しているため、今後目が離せないプロジェクトです。

【Aopanda Party(APP)】

                                                                   引用:OpenSea

Aopanda Partyは、通称「APP」と呼ばれています。

APPは2022年10月30日に発売された、かわいいパンダのNFTアートです。

APPはTikTokのフォロワー60万人と、もともと人気のあるキャラクターを利用したプロジェクトです。

当初の価格はCNPと同じ0.001ETH(当時のレートで約240円)で発売され、発売後最低価格が2ETH(当時のレートで約35万円)を突破しました。

まだ発売からそれほど経っていませんが、今後注目のプロジェクトです。

NFTの始め方・購入方法

ここでは、NFTを購入する方法を紹介します。

購入する手順は以下6つの手順で進めていきましょう。

  1. 仮想通貨取引所(bitFlyer)の口座開設
  2.  イーサリアム(ETH)の購入

  3. 仮想通貨のウォレット(MetaMask)を作成

  4.  MetaMaskにイーサリアムを送金

  5. マーケットプレイス(OpenSea)とMetaMaskの接続

  6. OpenSeaでNFT購入

それでは紹介していきます。

①仮想通貨取引所(bitFlyer)の口座開設

                         引用:bitFlyer公式

まずは仮想通貨取引所の口座開設を行いましょう。ここではbitFlyerをおすすめします。

おすすめな理由として、NFTの購入に必要となるイーサリアムが安く購入できるからです。

>>bitFlyerの開設はこちらから


bitFlyerの口座開設の手順は以下のとおりです。

  1. メールアドレスを入力し登録

  2. 名前や住所など本人情報を入力

  3. オンライン上で本人確認書類と顔写真撮影して提出

オンライン上で完結するため、簡単に口座開設できます。

口座開設完了まで2日〜1週間程度かかりますが、早ければ当日に完了する場合もあるため、メールを確認しておいてください。

②イーサリアム(ETH)の購入

NFTを購入するためにはイーサリアムが必要です。

bitFlyerでイーサリアムを購入する方法は「販売所」と「取引所」の2通りあります。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • 販売所:購入方法が簡単だが、手数料が高い
  • 取引所:購入方法が難しいが、手数料が安い
販売所がおすすめな人は、初めて仮想通貨を購入する人やイーサリアムの購入が少額の予定の人です。

取引所がおすすめな人は、仮想通貨取引を何度か経験したことある人や手数料を安く抑えたい人は利用しましょう。

bitFlyerでイーサリアムを取引所で利用するには「Lightning」に移動すれば、購入できます。

③仮想通貨のウォレット(MetaMask)を作成

イーサリアムの購入ができたら、続いては「MetaMask」と呼ばれるウォレットを作成しましょう。

ウォレットとは仮想通貨用のお財布というイメージです。

MetaMaskの作成方法は以下の通りです。

  1. 以下のリンク先に飛び、Chromeにインストールする
  2. MetaMaskウォレットの作成
  3. MetaMaskのパスワードを設定
  4. シードフレーズ(12の英単語)をメモに残しておく
  5. シードフレーズの確認作業

>>MetaMaskはこちら

MetaMaskではシードフレーズと呼ばれる12の英単語が、アカウント復旧などに必要になりますので、絶対にメモに残しておいてください。

④MetaMaskにイーサリアムを送金

MetaMaskが作成できたら、続いては購入したイーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。

仮想通貨取引所で購入したイーサリアムを自分のお財布に移動します。

会社からの給料を給料口座から、別の口座に移し替えるようなイメージです。

送金方法は以下のとおりです。

  1. MetaMaskのウォレットアドレスをコピーする

  2. 仮想通貨取引所(bitFlyer)で送金画面を開く

  3. 送金画面でイーサリアムを選択し、①でコピーしたアドレスを入力する

  4. 送金したい数量を入力し送金する

MetaMaskのアドレスを間違えて送金してしまうと、戻ってこない可能性が高いので気をつけて送金してください。

⑤マーケットプレイス(OpenSea)とMetaMaskの接続

MetaMaskにイーサリアムを送金できたら、MetaMaskとOpenSeaを接続させましょう。

OpenSeaでは今までのサイトと違いアカウントを作成する必要がなく、MetaMaskと連携させることでユーザーを識別します。

  1. OpenSeaにアクセスする
  2. 「My Account Settings」から「Sign in」へ進み、MetaMaskを接続
  3. 署名の画面が出てくるので署名する
>>OpenSeaはこちら

⑥OpenSeaでNFT購入

OpenSeaとMetaMaskの連携が完了したら、欲しいNFTを購入しましょう。

欲しいNFTのページにアクセスしますが、この時に注意点があります。

欲しいNFTの運営が公開しているURLから販売ページにアクセスするようにしてください。NFTは偽物プロジェクトもありますので、運営が発信しているURLから購入しましょう。

OpenSeaでのNFT購入の手順は以下のとおりです。

  1. 欲しいNFTのページにアクセスする

  2. NFTの価格分のイーサリアムがMetaMaskに入っている確認

  3. 購入

ここまでの手順でNFTを購入できます。

思ったよりも難しくない印象を受けたのではないでしょうか。

NFTは新しい産業であるため長期目線で

NFTの購入はできましたでしょうか。

思っていたよりも簡単に購入できたかと思います。まだの人は時間があるときにぜひ挑戦してみてください。

国内でNFTを持っている人はまだまだ少ないため、持っているだけでトレンドを先取りする人材であるアピールにもなります。

投資の観点で見ても発売当初から数百倍の価格になっているプロジェクトも珍しくなく有望です。
 

仮想通貨が下がっている今だからこそ、NFTを購入してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。