仮想通貨 iostとは?仕組みや特徴、将来性について徹底解説!

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

  • 仮想通貨iostってどんな仮想通貨なの?

  • 今までのチャートはどんな動きをしていたの?

  • 今後の将来性は期待できるの?

    仮想通貨iostに対して、このような疑問を持っている人がいるのではないでしょうか。仮想通貨iostとは、ブロックチェーン技術を活用し、さまざまなプラットフォームになることを目指しています。

     

    本記事では仮想通貨iostについて以下の内容を紹介します。

本記事でわかること

  • 仮想通貨iostとは

  • 仮想通貨iostの仕組み・特徴

  • 価格推移や将来性

  • 購入できる取引所

仮想通貨 iostとは

                         引用:IOST公式サイト

 

仮想通貨iostとは、ブロックチェーン技術を活用し、さまざまなサービスが提供できるプラットフォームを目指しているプロジェクトです。

IOSTとは、「IOST財団」によって運営されており「Internet of service token」を略した名称です。

またiostは仮想通貨を取引する際に、かかる手数料高騰問題の解決に役立つと期待されています。このような問題を「スケーラビリティ問題」といい、その際発生する手数料を「ガス代」と呼びます。

そのようなiostの基本情報は以下のとおりです。

▼仮想通貨iostの基本情報

仮想通貨 IOST
シンボル IOST
発行上限 900億枚
現在の価格 1.53円
時価総額 28,730,863,085円
詳細 公式サイト

※2023年2月26日現在(CoinMarketCap参照)

仮想通貨 iostの仕組み

ここからは仮想通貨iostの仕組みを紹介します。iostの仕組みは以下のとおりです。

  • コンセンサスアルゴリズム「PoB」を採用している

  • プログラム言語「JavaScript」を採用している

  • スケーラビリティ問題を解決できる

コンセンサスアルゴリズム「PoB」を採用している

仮想通貨iostは、コンセンサスアルゴリズム「PoB」を採用しています。

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーン上で新たなルールを追加するときにコンセンサス(合意)を行うアルゴリズム(方法)のことです。

採用されているコンセンサスアルゴリズムは「PoB(Proof of Believability)」です。

PoBでは、貢献度と保有しているiostの量によって承認者が選出される仕組みを採用しているため、ブロックチェーンの処理を複数の参加者に分散させることができます。処理を分散させることで、処理速度が上がります。

ビットコインで採用されている「PoW(Proof of Work)」ですと、処理が分散せずに集中してしまうため時間がかかる問題がありました。PoBは、処理速度が遅い問題の解決へと繋がります

プログラム言語「JavaScript」を採用している

仮想通貨iostは、プログラム言語「JavaScript」を採用しています。

iostは、ブロックチェーン技術を活用し、さまざまなサービスが提供できるプラットフォームを目指していることから、DApps(分散型アプリケーション)が開発しやすい環境を提供しています。

そのためエンジニアの多くが使用している、プログラム言語「JavaScript」を採用することで、エンジニアが参入しやすい環境だといえるでしょう。

現在DAppsは、イーサリアム上で多く開発されています。そのイーサリアムの環境は独自のプログラム言語である「Solidity」を採用しています。

しかしiostでは、一般的なプログラム言語である「JavaScript」を採用しているため、エンジニアにとって優しい環境だといえるでしょう。

スケーラビリティ問題を解決できる

仮想通貨iostは、スケーラビリティ問題を解決できます

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンの容量がフルに達してしまうことで発生する処理速度が低下する問題です。処理速度が低下することによって、取引遅延や送金遅延を引き起こします。

iostではこのような問題の解決が可能です。iostでは、「EDS」というシステムを採用しています。EDSでは、システムで行われる作業を分担することができるので、ネットワークの作業認証速度を上げることに成功しています。

したがってiostは、処理速度が早い仮想通貨だといえるでしょう。

仮想通貨 iostの特徴

ここまでは仮想通貨iostの仕組みについて紹介しました。ここからはiostの特徴を紹介していきます。

  • コインチェックが多く保有している

  • 国内のプロジェクトとの関わりがある

  • 新ファンドを設立

コインチェックが多く保有している

仮想通貨iostは、国内の仮想通貨取引所の最大手である「コインチェック」が多く保有しています。

2023年2月現在コインチェックが公表したデータによると、iostの42.49%はコインチェックが保有しています。

仮想通貨の流動性が低いと、値動きが大きくなりボラティリティが大きくなりやすいです。よってコインチェックが半数近く保有しているiostは、流動生が低くなり大きな価格変動を起こす可能性があります

iostに投資する際は、理解しておいた方がよいポイントです。

参照:コインチェック取扱い通貨情報

国内のプロジェクトとの関わりがある

仮想通貨iostは、国内のプロジェクトと関わりがあります。

iostのブロックチェーン上では、医療のデータを保存や共有できるシステムが開発されています。またその他にも、「パレット」というブロックチェーンを開発する日本企業「Hashpalette」が、IOST財団とパートナーシップを結びました。

さらに、総合格闘技団体の「RIZIN」が、iostのブロックチェーンを基盤としたNFTを発行しています。

新ファンドを設立

2022年4月12日にIOSTは、エコシステム開発のための新ファンドを設立しました。新ファンド設立のための投資額は120億円ともいわれています。

新ファンドは、以下の2種類です。

  • New Ecosystem Fund(ニューエコシステムファンド)

  • Accelerator Fund(アクセレレーターファンド)

この新ファンドは、次世代のプロジェクトの育成などを目的としています。

また新ファンドのプロジェクトがうまくいくと、iostユーザーはさまざまなdAppsを利用可能となり、利便性が高まるといわれています。

仮想通貨 iostの価格推移

                          引用:CoinMarketCap

 

上記の画像は、仮想通貨iostの全期間のチャートです。

2023年2月26日現在の価格は、1IOST=1.53円となっています。iostは2018年1月に最高値14円台を記録しています。

その後は、10円台を超えてはおらず、10円未満を推移している状況です。

ここでは、2019〜2020年と2021年〜2022年に分けて価格推移をみていきましょう。

2019〜2020年の価格推移

      引用:CoinMarketCap

 

2019年の初めは、1IOST=1円未満を推移しておりましたが、3月から4月にかけて価格が高騰し、2円台まで回復しています。

しかし価格は長く持たず、8月には再度1IOST=1円未満となってしまいました。

2020年は1円を超えることはなく、停滞した相場が続いております。この時期は仮想通貨全体で冬の相場となっていたため、その影響を受けたことが考えられます。

2021〜2022年の価格推移

                       引用:CoinMarketCap

 

2021年は仮想通貨全体的に相場がよく、価格が高騰しています。

2021年1月は1IOST=1円未満となっていましたが、徐々に価格が上がり4月には9円台まで到達しました。そこからまた価格は下落しますが、9月に再度9円台まで高騰しています。

2021年後半は、仮想通貨全体で相場がよくバブル相場だったともいわれています。

しかし2022年は全体的に市況がよろしくなく、4月に5円台を記録してからは右肩下がりで価格が落ち、1IOST=1円未満となりました。

仮想通貨 iostの将来性

続いては、仮想通貨iostの将来性について紹介します。

  • NFTで利用可能

  • 医療分野での利用が期待されている

  • エアドロップが行われたら価格が上がる可能性あり

NFTで利用可能

仮想通貨iostは、NFTの分野で利用可能です。

NFTとは替えが効かないデジタルデータであり、アートやゲームの分野で利用されています。そのNFTがiostのブロックチェーンでも対応しています。

iostは、NFTのアートを作成し出品できる独自のマーケットプレイス「Revival」をオープンしました。Revivalでは、簡単にNFTの作成と出品ができるため、NFTへの参入障壁を下げてくれます。

iostはもともと処理速度が早い仮想通貨であるため、iostのブロックチェーンを利用したNFTが普及する可能性はあるといえるでしょう。

医療分野での利用が期待されている

仮想通貨iostは医療の分野での利用が期待されています。

具体的には、iostのブロックチェーンを利用し、医療関連の個人情報の管理を可能にする、医療データ共有プロジェクトです。

iostは「JavaScript」のプログラム言語を基に作られているので、習得しやすいブロックチェーン技術です。そのためブロックチェーンの技術の中で、iostが選ばれたのではないかといわれています。

今後、医療分野で使われるようになっていけば、iostの価格上昇にも繋がるのではないでしょうか。

エアドロップが行われたら価格が上がる可能性あり

仮想通貨iostが、エアドロップに利用されたら価格が上がる可能性が高いです。

エアドロップとは、ユーザーに無料で仮想通貨が配布されることを指しています。エアドロップにはさまざまな条件があります。

例えば特定の時期にiostを保有していると、新しい仮想通貨が配布されるといったイベントです。

このようにiostがエアドロップに利用されると、保有していると別の仮想通貨をもらえる可能性があることとなり、価格上昇に繋がるでしょう。

仮想通貨 iostが取引できる取引所

ここからは仮想通貨iostが取引できる取引所を紹介します。

  • コインチェック

  • DMMBitcoin

  • BITPOINT

コインチェック

                                                                  引用:コインチェック

 

取引所名 コインチェック
取扱通貨数 17種類
最低取引数量 500円
取引手数料 無料
入出金手数料 入金:無料(銀行振込のみ)
出金:407円
詳細 公式サイト

 

コインチェックは取引画面がわかりやすく、初心者でも使いやすい仮想通貨取引所です。

また2021年11月に実施した20代〜60代の投資家300名を対象にしたアンケートでは、国内で1番愛用されている国内取引所に選ばれました。

さらに2021年上半期におけるアプリのダウンロード数でも国内No.1を記録しています。

DMM Bitcoin

                                                                   引用:DMMbitcoin

 

取引所名 DMM Bitcoin
取扱通貨数

現物取引:18種類

レバレッジ取引:25種類

最低取引数量 1,000円
取引手数料 無料
入出金手数料 入金:無料
出金:無料
詳細 公式サイト

 

DMM Bitcoinは手数料がとにかく安いことが特徴です。入出金・送金手数料が無料なので、取引回数が多い方にはおすすめです。

取引方法についてはレバレッジをかけた取引ができるため、ボラティリティが大きい仮想通貨でより利益を狙える取引ができます。

またDMMグループで培われた高い技術により、セキュリティ性の高さを実現しています。

BITPOINT

                                                                     引用:BITPOINT

 

取引所名 BITPOINT
取扱通貨数 17種類
最低取引数量 500円以下
取引手数料 無料
入出金手数料 入金:無料
出金:無料(振込手数料のみ負担)
詳細 公式サイト

 

BITPOINT最低取引金額が500円以下から始められる、初心者に使いやすい仮想通貨取引所です。

また各種手数料も無料で利用できるため、継続的に利用した際にランニングコストを抑えられます。

さらに、貸して増やす「レンディング」や、預けて増やす「ステーキング」など売買以外にも行える取引が豊富です。

まとめ

仮想通貨iostについて紹介しましたが、内容について復習しましょう。

  • iostは処理速度が早い仮想通貨であるため、スケーラビリティ問題を解決できる

  • プログラム言語「JavaScript」を採用しているため、多くのエンジニアに使いやすい

  • 医療分野やNFTなどさまざまな分野で利用され将来性が高い

iostは、上記のようにさまざまな特徴を持つ仮想通貨です。iostに将来性を感じ、今後に期待できると感じたら、ぜひ購入してみてください。

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。