ビットコインの半減期とは?価格に及ぼす影響や時期について解説

プロモーション

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。

ビットコインの半減期ってなに?と思っている方も多くいるでしょう。

ビットコインには半減期というものがあり、発掘される枚数が半分になる時期が定期的にやってきます。

今までの傾向から半減期がやってくると、価格変動に影響を及ぼす可能性が高いです。よってビットコインの半減期の時期を投資家たちは気にしています。

本記事では、そんなビットコインの半減期について紹介します。

本記事でわかること

  • ビットコインの半減期とは
  • ビットコインの半減期の時期について
  • ビットコインの半減期による影響について

ビットコインの半減期とは?

ビットコインの半減期とは、マイニングの際に報酬として受け取れる量が半分になってしまう時期を指します。

マイニングとは、ビットコインを採掘することです。ビットコインはネットワーク上で取引を管理されている仮想通貨であり、その取引を承認してくれた人に対して報酬が支払われます。

その報酬をもらう人たちのことを「マイナー」と呼び、世界中に多く存在します。

半減期とはマイニングを行った際にもらえる報酬額が半分になってしまうため、マイナーにとってはダメージの大きいイベントです。

この章では、半減期はどのような理由で起きるのかについて解説していきます。

  • 発行量の調整のため
  • 価格の安定性を保つため

発行量の調整のため

ビットコインの半減期を迎える理由は、発行量の調整を行うためです。

ビットコイン総発行量の上限は2100万枚と決められています。発行量は2020年後半に1850万枚を突破しており、ペースを落とさなければすぐに上限に達してしまいます。

ビットコインのマイニングによって得られる、報酬額は以下のとおりです。
ビットコインの時期 マイニングによる報酬額
半減期前のビットコイン 50BTC
1回目の半減期後 25BTC
2回目の半減期後 12.5BTC
3回目の半減期後 6.25BTC
4回目の半減期後 3.125BTC

ビットコインは初期の作成段階から、発行量が半分になるようプログラムされているため、半減期が起こります。

価格の安定性を保つため

半減期を迎える理由は、発行量の調整を行うことで価格の安定性を保つためです。

日本円でも流通量が多くなるほど、価値が下がってしまうため日銀が調整しています。ビットコインでも、流通量が多くなりすぎると価値が下がってしまうため、流通量を調整することで価格を安定させています。

日本円の価値は日銀のような管理者が調整を行っていますが、ビットコインではブロックチェーンによるプログラムで管理している状況です。

ビットコインを作り出したチームは、流通量が増えすぎないようにプログラムをしていたと考えると、画期的な仕組みだといえるでしょう。

過去のビットコイン半減期

ここからは過去のビットコイン半減期が発生した時期となにが起こったのか解説します。

過去の半減期にどのような事象が起こったか理解しておくことで、次の半減期に対する対策がたてられます。

過去のビットコインの半減期の発生時期は以下のとおりです。

  • 2012年

  • 2016年

  • 2020年

2012年の半減期

1回目の半減期は2012年11月に起こりました。

この半減期ではマイニングの報酬額が50BTCから25BTCに減少しています。

当時はビットコインはあまり知られておらず、価格も1BTC=1,000円程度だったため価格変動は対しておきませんでした。

ビットコインは2009年にできた仮想通貨のため、当時は存在すら知らない人が多いのでしょうがないでしょう。

2016年の半減期

2回目の半減期は2016年7月に発生しました。

この半減期ではマイニングの報酬額が25BTCから12.5BTCに減少しています。

半減期付近の価格変動として、半減期前の5月ごろにビットコインの価格が上昇し、6月に暴落しています。

半減期後は価格が上昇していき、2017年11月に1BTCの価格が100万円を突破し、12月に200万円に到達しバブルを迎えました。

半減期が起きた2016年7月ごろの価格は7万円程度であったため、1年間で急激な成長を遂げたことがわかります。

2020年の半減期

3回目の半減期は2020年5月に発生しました。

この半減期ではマイニングの報酬額が12.5BTCから6.25BTCに減少しています。

半減期付近の価格変動として、半減期前に1BTCの価格が100万円程度から3月に50万円程度に暴落しています。

半減期が発生した5月の直後は、100万円程度で大きな価格変動はありませんでした。

しかし2回目の半減期同様に2020年年末から2021年4月ごろにかけて、バブルを迎えています。その後価格変動を繰り返し、2021年11月には1BTCの価格が700万円を突破し、過去最高値を記録しています。

次回のビットコイン半減期は2024年予想!

これまで4年に1度のペースで半減期を迎えているビットコインですが、次回は2024年に半減期を迎えると予想されています。

次回4回目の半減期を迎えると、マイニングでの報酬額が6.25BTCから3.125BTCに減少します。

2.3回目の半減期の結果から、半減期後の半年くらい経過すると、バブル期を迎えました。そのため2024年に半減期を迎えると、2024年年末から2025年にかけてバブルを迎える可能性が高いです。

再度バブルを迎えると、ビットコインの最高値を更新する可能性もありますので、半減期前にビットコインを仕込んでおいて価格変動に備えましょう。

半減期に向けてbitFlyerでビットコインを購入しよう!

ビットフライヤー
  bitFlyer(ビットフライヤー)
取り扱い銘柄 取引所 BTC/ETH/BCH/MONA/XRP/XLM
販売所 BTC/ETH/ETC/LTC/BCH/MONA/LSK/XRP
BAT/XLM/XEM/XTZ/DOT/LINK/XYM/MATIC/MKR
取引手数料 取引所 約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
販売所 無料(スプレッドの負担あり)
入金手数料 無料~330円/1件 
出金手数料 220円~770円/1件
送金手数料(BTC) 0.0004BTC

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • 各種手数料が無料
  • 少額からできる(1円から買える
  • 安心セキュリティ(業界最長の7年連続でハッキング0)
  • 現物取引、レバレッジ取引、積立と3つの取引形態が選べる

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの取引量で6年連続No.1を獲得している取引です。

取引所がハッキングされユーザーの仮想通貨が流出したというニュースを聞きますが、ビットフライヤーは業界最長の7年連続でハッキング0のセキュリティの高さを持ち合わせています。

また現物取引、レバレッジ取引、積立と3つの取引形態が選べる点も特徴です。銘柄の種類も充実しており、1円からの取引ができますので初心者の方にもおすすめの取引所です。

※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

今だけ最短10分程度の無料口座開設で、2,500円程度のビットコインがもらえます!
このチャンスをお見逃しなくビットコインをもらっておきましょう!

ビットフライヤー口座開設の流れ 

bitFlyerでビットコインを購入するには、まず口座開設を行う必要があります。

>>bitFlyerの口座開設はこちらから

bitFlyerの口座開設の手順は以下のとおりです。

  1. メールアドレスを入力し登録

  2. 名前や住所など本人情報を入力

  3. オンライン上で本人確認書類と顔写真撮影して提出

オンライン上で完結するため、郵送などの面倒な書類の手続きが必要なく簡単に口座開設できます。

口座開設完了まで2日〜1週間程度かかりますが、早ければ当日に完了する場合もあるため、メールを確認しておいてください。

日本円の入金

仮想通貨を購入するには、日本円をbitFlyerの口座に入金する必要があります。

bitFlyerへの入金する際は「住信SBIネット銀行」からクイック入金を利用すると手数料が無料で利用できます。

他の銀行を使うと手数料がかかるため、住信SBIネット銀行を利用するとお得です。

日本円の入金方法は以下のとおりです。

  1. 下タブ「入出金」をタップし、「住信SBIネット銀行」をタップ

  2. 入金したい金額を入力する

  3. 外部サイトに移動するので、住信SBIネット銀行にログインする

  4. 手続きを進めて入金する

完了したらbitFlyerに戻って入金が完了しているか確認してください。

入金が反映されるには時間がかかる場合がありますので注意しましょう。

ビットコインの購入

bitFlyerでビットコインを購入する方法は「販売所」と「取引所」の2通りあります。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • 販売所:購入方法が簡単だが、手数料が高い

  • 取引所:購入方法が難しいが、手数料が安い

継続的にビットコインを購入するのであれば、取引所を利用しましょう。

  1. 下タブ「ホーム」をタップし、「取引所」をタップ

  2. BTC/JPYをタップ

  3. 購入したいビットコインの「数量」と「価格」を入力

  4. 「買う」をタップし、「注文確定する」をタップ

 

こちらでビットコインの購入が完了です。

ビットコイン積立

bitFlyerでは、ビットコインの積立購入ができます。

積立の頻度は「毎日」「毎週1回」「毎月2回」「毎月1回」から選べます。

また積立金額は1円から設定可能です。積立の設定方法は以下のとおりです。

  1. 下タブ「メニュー」をタップし、「かんたん積立」をタップ

  2. ビットコインを選択

  3. 「積立頻度」を選択

  4. 「積立金額」を設定

  5. 「設定内容を確認する」をタップし、「内容を確定する」をタップ

これで積立設定の完了です。積立頻度に関しては、分散投資とするため毎日を選択することがおすすめです。

ビットコインの半減期よって与える影響

続いてはビットコインの半減期により、どのような影響があるのかを紹介していきます。

過去の事例から読み取れるように、半減期を迎えることで暴落やバブルを迎えることがあります。

そのため大きく価格が動く可能性が高いです。

ここで紹介する、ビットコインの半減期によって与える影響は以下のとおりです。

  • ビットコイン価格変動による投資家への影響

  • マイニングで稼いでいたマイナーに与える影響

ビットコイン価格変動による投資家への影響

半減期を迎えることで、価格が高騰する可能性が高いと予想されます。

過去の半減期、特に2016年と2020年ではどちらも半減期後に過去最高値を記録しているため、次回の2024年の半減期後も同じような価格高騰を起こす可能性は高いです。

また過去の半減期直前には価格が落ちた経験もあるので、そのタイミングでビットコインを仕込めれば、投資家に対しては良い影響を与えるでしょう。

一方で、ビットコインの半減期は回数を重ねるほど、価格に与える影響は少なくなるだろうといわれています。

そのため半減期は回数を重ねるごとに価格変動の幅が小さくなる可能性があるため、投資家への影響も徐々に減っていくと予想されます。

マイニングで稼いでいたマイナーに与える影響

ビットコインの半減期ではマイニングによる報酬が半分になってしまうため、マイナーに対してはネガティブな影響を与えます。

報酬額が減ることで、マイニングの成功回数を増やさないと、半減期前と同じ報酬額は見込めません。

そのためマイナー同士の争いは激化すると予想されます。またマイナーの報酬額が減ることで、マイニングの稼働に対する労力と報酬が見合わなくなってしまいます。

そうすることでマイニングから撤退するマイナーも多くなるでしょう。

一方で報酬額は減ったとしても、ビットコインの価格が上がる可能性が高いです。そうするとビットコインの数量的にはもらえる量は減ったが、法定通貨換算をすると以前より報酬額が増えることもあるかもしれません。

ビットコイン半減期に関するよくある質問

ここではビットコインの半減期に関するよくある質問について紹介します。

よくある質問は以下のとおりです。

  • ビットコインっていくらから買えるの?

  • ビットコイン半減期後は価格が上がるの?

  • ビットコインの半減期はいつまで?

ビットコインっていくらから買えるの?

bitFlyerではビットコインが1円から購入可能です。

ビットコインは1BTC=300万円程度(2023年1月26日現在)であるため、高額支払わないと買えないと勘違いしている人が多くいます。

ビットコインは1BTC単位で販売しているわけではなく、もっと小さな単位で販売しているため1円から購入ができます。

ビットコイン半減期後は価格が上がるの?

過去の半減期では価格が上がる傾向にありましたが、次回以降も同じように上がるとは言い切れません。

しかし予想としては、上がる可能性は高いでしょう。

価格に対する影響は、半減期によるものだけではなく、世界情勢など経済状況も大きく関わります。そのため半減期後だから価格が上がるとは言い切れないのが現状です。

ビットコインの半減期はいつまで?

ビットコインの半減期は2140年ごろを目処に終了するといわれています

総発行量が2100万枚と決められているため、上限に達した時点でマイニングは終了します。

マイニングが終了すると、半減するものもなくなってしまうので半減期も同様に終了するでしょう。

ビットコインの半減期によって価格変動が起きる可能性は高い!

ビットコインの半減期は、発行量の調整や価格の安定性を保つために起こります。

半減期を迎えると、価格変動が起こりやすい状況となり、2度のバブルを起こしています。また半減期前には価格が落ちる可能性も高く、ビットコインの仕込み時が重要です。

そのため半減期は投資家にとって、投資チャンスといえる状況です

次回のビットコインの半減期が2024年である可能性が高いため、その前までにビットコインを仕込んでおくと良いでしょう。

 

仮想通貨を最高利率10%で運用

 

ビットレンディングは今だけ、新規口座開設&貸出開始をするだけで、もれなくアマゾンギフトカード2,000円がもらえます!

  • ビットコイン(BTC)年利 8%
  • テザー(USDT)年利 10%

など、高利回りが実現!

ビットレンディングはテラショックやFTX破綻、 SVB破綻など市場が混乱するニュースがあった中でも問題なく運営しているため、安心して利用できます。

無料口座開設は3分程度の入力で完了。
ぜひこのチャンスを見逃さず登録しておきましょう。