仮想通貨フレア(FLR)とは?メリット・デメリット、将来性や今後の展望を紹介! 

プロモーション

仮想通貨フレアは、最近注目を集めている仮想通貨の1つです。

フレアは、分散型アプリの開発やスマートコントラクトの実行に特化したプラットフォームです。既存の仮想通貨とは異なる独自のシステムを採用しています。

そのため従来のブロックチェーンでは実現が難しい機能を実装可能です。ブロックチェーンが使用されていなかった分野でも、フレアの導入が期待されています。

また独自のコンセンサスアルゴリズムによって、スケーラビリティの問題を解決し、より多くのユーザーが参加できる環境を提供しています。

本記事では、さまざまなメリットがあるフレアについて紹介する内容は、以下のとおりです。

  • 仮想通貨フレアとは
  • フレアの特徴や仕組みについて
  • メリット・デメリット将来性や今後の展望

仮想通貨フレアとは

                                                                    引用:Flare Network

 

仮想通貨FLR(フレア)は「Flare Network」というブロックチェーンのネイティブトークンです。また以前はSPARK(スパーク)という名称で運用していました。

ネイティブトークンとは、ブロックチェーン内の独自仮想通貨を指しており、基軸となる仮想通貨です。

フレアの基本情報は以下のとおりです。

▼基本情報

名称 フレアトークン
シンボル FLR
発行枚数 1,000億枚
現在の価格 ※1 5.32円
時価総額 ※1 59,182,569,354円
詳細 公式サイト

※1 2023年2月12日現在の価格参照(CoinMarketCap)

フレアネットワークとは

仮想通貨フレアは、スマートコントラクトを実行することができる分散型ネットワーク「フレアネットワーク(Flare Network)」上で発行されるトークンのことです。

フレアネットワークは、イーサリアムの技術をもとに開発された分散型ネットワークです。スマートコントラクトの実行やDeFi(分散型金融)などの機能を提供しています。

フレアネットワークは、2021年に注目を集めており、その技術や機能に対する期待が高まっています。

フレアトークンとは

フレアトークン(FLR)は、フレアネットワーク上で利用されるトークンです。ネットワークのセキュリティや機能性を強化するために使用されています。

フレアトークンは、フレアネットワークのさまざまな機能を担うために必要なトークンです。フレアネットワークは、スマートコントラクトの機能を備えた分散型プラットフォームであり、ブロックチェーン上でブロックチェーンに記録しない処理を実現することができます。

このような機能を提供するためには、トランザクション手数料の支払いやノードの報酬などが必要です。フレアトークンは、これらの支払いや報酬に用いられ、ネットワークのセキュリティや機能性を強化するために必要なトークンとなっています。

フレアネットワークの目的は?

フレアネットワークの目的は、DeFi(分散型金融)を促進することです。特にトラストレスな仮想通貨と伝統的な金融システムの間のブリッジングを目指しています。

フレアネットワークは、イーサリアムに代表されるスマートコントラクトを利用しています。そうすることで、信頼性とプライバシー性を維持しながら、異なるブロックチェーン間での資産の移転やトークン化することが可能です。

このようにフレアネットワークは、DeFiプロトコルに必要な相互運用性を提供し、新たなビジネスモデルを促進することが期待されています。

またフレアネットワークは、さまざまなDeFiプロトコルで使用されています。具体例は以下のとおりです。

  • DEX(分散型取引所)
  • 資産管理プラットフォーム
  • オンチェーンオプション取引プラットフォーム
  • 借入プロトコル

さらにフレアネットワークは、XRPをフレアトークンという形でトークン化するプロジェクトを進めています。XRPをイーサリアム上で利用可能にすることで、より広くユーザーにアクセスしやすくすることが目指されています。

仮想通貨フレアの特徴

続いては、仮想通貨フレアの特徴について紹介します。

  • XRP(リップル)のスマートコントラクト実装へのプロジェクト
  • XRP(リップル)保有者に配布
  • 総発行枚数は1,000億枚と決まっている

XRP(リップル)のスマートコントラクト実装へのプロジェクト

ブロックチェーンのフレアネットワーク(Flare Network)は、XRP(リップル)のスマートコントラクトを進行させるプロジェクトです。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上の契約のことを指しています。ある条件を満たすことで、契約や取引が実行されるシステムです。

またフレアネットワーク上で使われるdApps(分散型アプリ)の開発に必要な技術であり、イーサリアム(ETH)などのブロックチェーンに使われています。

このスマートコントラクトの開発が進むと、XRP(リップル)でもNFTゲームやDeFi(分散型金融)を利用できます。

NFTゲームやDeFiが利用できると、仮想通貨として利用できる幅が広がるので注目を集めるでしょう。

XRP(リップル)保有者に配布

仮想通貨フレアは、2020年12月12日時点でのXRP(リップル)保有者に対して配布されました。

このように特定の条件を満たしているユーザーに対し、発行者がトークンを無償配布するサービスをエアドロップ」と呼びます。

エアドロップの配布数は1XRPに対して、1FLRが2023年1月9日に配布されました。

bitFlyerやコインチェックなど国内の仮想通貨取引所がエアドロップの受け取り先として利用されています。

また2023年1月のエアドロップでは、42億8,000枚以上のFLRが配布されました。最大発行枚数が1,000億枚であるため、全体の15%が配布された計算となります。

総発行枚数は1,000億枚と決まっている

仮想通貨フレアは総発行枚数が1,000億枚と決まっています。

今後エアドロップ分を含め、FLR以下のような配分で配布される予定です。

▼FLRの配布内訳
  • 450億枚:XRP(リップル)保有者へエアドロップ
  • 300億枚:Flare foundationへ寄付
  • 250億枚:Flare Network Limitedへ寄付

前述したように2023年1月のエアドロップでは、42億8,000枚以上のFLRが配布されています。今後は450億枚のFLRを配布していく予定となっています。

またフレアは、XRPのスマートコントラクトプラットフォーム化を目指しているプロジェクトです。これにより、XRPのユーザーはスマートコントラクトを活用したDApps(分散型アプリ)を開発することができるようになります。

現在では、bitFlyerを始めとする国内の仮想通貨取引所で購入可能です。

仮想通貨フレアの仕組み

次に仮想通貨フレアの仕組みについて説明します。

  • コンセンサス・アルゴリズム「FBA」を採用している
  • フレアネットワーク上の決済通貨
  • スマートコントラクト実装を可能にする
  • デリゲート(委任)のシステムがある

コンセンサス・アルゴリズム「FBA」を採用している

仮想通貨フレアでは、コンセンサス・アルゴリズム「FBA」を採用しています。

FBAは信頼できるノード同士で直接的に取引を行うことによって、安全で高速かつ信頼性の高い取引処理を実現する仕組みです。またFBAは「Federated Byzantine Agreement」の略語で、決済承認の際に報酬を与えないといった特徴があります。

ビットコインやイーサリアムなどで使われている「PoW」や「PoS」は、ネットワークの参加者に報酬を与えています。そのため「PoW」や「PoS」のネットワーク参加者通貨の価格上昇を望んでいるでしょう。

しかしFBAではネットワーク参加による報酬が得られないため、報酬目的の参加者を排除できます。よって価格の下落などの経済的影響による参加者が減ってしまうリスクを抑えています。

「PoW」や「PoS」などのコンセンサス・アルゴリズムの問題点は通貨の価格や稼ぎやすさによって参加者が変動してしまう点でした。その経済的な影響の問題点の克服を目指したものが、フレアで採用されている「FBA」だといえます。

フレアネットワーク上の決済通貨

仮想通貨フレアはフレアネットワーク上の決済通貨として使われています。

フレアネットワーク上にはdApps(分散型アプリ)があり、その決済通貨としても使われています。またフレアはフレアネットワーク上のガバナンスにも関係しており、フレアを保有することでユーザーはネットワークの意思決定への参加が可能です。

さらにスマートコントラクトを実行する場合、フレアを保有することで必要な料金を支払うことができます。フレアネットワーク上でトランザクションを行う場合にも、フレアが必要です。

これによりユーザーはネットワーク上でのトランザクションを、より安全かつ迅速に行うことができます。

スマートコントラクト実装を可能にする

フレアネットワークは、スマートコントラクトの実装に向けて「FAsset」と「Layer cake」という2つの技術を採用しています。

これにより、スマートコントラクトが搭載されていないブロックチェーンでもdAppsの構築が可能になります。また、複数のブロックチェーンを繋いだ場合でも安全性が高く、速度が早い取引が実現可能です。

「FAsset」を用いた実例として、XRP(リップル)やBTC(ビットコイン)でのdAppsの構築が挙げられます。これまでスマートコントラクトを実装していなかったブロックチェーンでも、FAssetによりスマートコントラクトを実装し、dAppsを構築することができるようになります。

また「Layer cake」を用いた実例として、複数のブロックチェーンを繋いだdAppsの構築が可能です。Layer cakeは、複数のブロックチェーンを繋いだ場合でも、安全性が高く、速度が早い取引を実現することができるため、今後より注目が高まるでしょう。

フレアネットワークは、「FAsset」「Layer cake」の2つの技術により、多様化するdAppsの開発に期待が高まります。

デリゲート(委任)のシステムがある

フレアではデリゲート(委任)というシステムがあり、保有しているフレアを運用できる仕組みです。

デリゲートは、スマートコントラクトを実行するために必要な資源を提供するノードに、ユーザーが直接委任することができる仕組みです。つまり自分自身がスマートコントラクトを持っていなくても、他のユーザーに委任することで、スマートコントラクトの操作を行うことが可能となります。

またデリゲートのシステムにより、ユーザーは自分自身がスマートコントラクトを実行するために必要なリソースを持つ必要がありません。代わりに他のユーザーが、提供するリソースを利用することができます。

よってスマートコントラクトを実行するために必要なリソースが限られている場合でも、多くのユーザーが参加し、スマートコントラクトの実行が可能になるというメリットがあります。

仮想通貨フレアのメリット

続いては、仮想通貨フレアのメリットについて紹介します。

  • スマートコントラクトプラットフォームとしての利便性
  • デフレーションモデルによる投資家へのメリット
  • デジタルアセットの相互運用性の向上

スマートコントラクトプラットフォームとしての利便性

フレアネットワークはスマートコントラクトプラットフォームとしての利便性に優れており、高い需要があるといえます。

フレアネットワークはイーサリアムに似たスマートコントラクトプラットフォームを提供しています。そのためイーサリアムのように、DeFiやdAppsなどの分散型アプリを構築可能です。

例えばフレアネットワークには、他のブロックチェーンに接続することができるという利点があります。そのため他のブロックチェーンとの相互運用性が高く、ユーザーは複数のブロックチェーンを使用が可能となります。

このようにフレアネットワークは、スマートコントラクトプラットフォームとしての利便性に優れているプロジェクトだといえるでしょう。

デフレーションモデルによる投資家へのメリット

フレアネットワークは、デフレーションモデルによる投資家へのメリットがあり、価値の上昇が期待されます。

フレアネットワークは、新しいトークンの発行を制限するデフレーションモデルを採用しています。つまり供給量は固定されているため、需要が増えると価値が上がると予想されるでしょう。

このデフレーションモデルにより、投資家は投資した分の価値が上昇することを期待できます。

デフレーションモデルを採用しているフレアネットワークのトークンであるフレアは、発行された当初から価値が上昇しています。また、今後も需要が高まることが予想されており、投資家にとって魅力的な投資先といえるのではないでしょうか。

デジタルアセットの相互運用性の向上

フレアネットワークは、デジタルアセットの相互運用性を高めるために、他のブロックチェーンとの連携に力を入れています。

フレアネットワークが提供するスマートコントラクト技術により、異なるブロックチェーン上で発行されたトークンを相互に交換することが可能です。

例えば、イーサリアム上で発行されたERC20トークンとXRPトークンを相互に交換することができます。これによりトークンの使用の幅が広がり、ユーザーはより自由にトークンを利用可能です。またトークンの需要が高まり、価格が上昇する可能性があります。

さらにフレアネットワークは「F-Asset」と呼ばれるトークンを発行しています。F-Assetは、他のブロックチェーン上で発行されたトークンを、フレアネットワーク上で使用できるようにするトークンです。

F-Assetにより、他のブロックチェーンとの相互運用性が高まり、トークンの使用範囲が広がると同時に需要が高まる可能性があります。

仮想通貨フレアのデメリット

続いては、仮想通貨フレアのデメリットを紹介します。

  • 新しいプロトコルに関する不確実性
  • 価格変動のリスク
  • セキュリティのリスク

新しいプロトコルに関する不確実性

新しいプロトコルに関する不確実性は、フレアに限らず仮想通貨全般に共通して存在するリスクです。技術的な問題や市場の変動によって影響を受ける可能性があるため、注意が必要です。

仮想通貨市場は、まだ発展途上の分野であり、新しいプロトコルやテクノロジーが続々と開発されています。しかしこれらのプロトコルやテクノロジーが本当に成立するかどうか、また市場がそれを受け入れるかどうかは不確定要素が大きく、その影響力は計り知れません。

フレアは新しいプロトコルを採用することで、スマートコントラクトの実装やデジタルアセットの相互運用性の向上を目指していますが、そのプロトコルが本当に市場に受け入れられるかどうかはまだ不確定要素があります。

また過去にも新しいプロトコルやテクノロジーが開発されたにもかかわらず、成功に至らなかった例も多くあります。

例えばイーサリアムの「DAO」というスマートコントラクトがハッキングされ、大量の仮想通貨が流出するという事件が起きたことがありました。

2016年6月、スマートコントラクトを実装したDAOに大量のETHが集まったけれど、その後ハッキングされ、約3.6億ドル相当のETHが流出してしまいました。

新しいプロトコルに関する不確実性は、仮想通貨市場において共通して存在するリスクであるため、リスクを把握した上で自己責任の行動が必要です。

価格変動のリスク

仮想通貨に投資する際には、価格変動リスクがつきものです。

価格変動リスクとは、投資した資産の価格が急激に変動することによって損失が生じる可能性があることを指します。特に仮想通貨は、市場規模がまだ小さく注目度が高いため、ボラティリティが高いのが特徴です。

仮想通貨の価格は供給と需要によって決まるため、価格変動が激しいということが挙げられます。また市場規模が小さく、大口取引があるだけで価格変動が大きく起こります。そのため投資家は価格変動リスクを理解した上で、リスク分散を考えた投資を行うことが大切です。

セキュリティのリスク

仮想通貨はセキュリティの問題がつきまとう分野であり、投資家はそのリスクを理解しておく必要があります。しかし適切な対策が講じられている場合、安全な取引が可能です。

仮想通貨には、ハッキングや詐欺などのセキュリティリスクが多く存在します。実際に過去には数多くの仮想通貨取引所がハッキング被害に遭っており、大量の仮想通貨が盗まれたという事例があります。

ただし、現在では取引所やウォレットなどのセキュリティ対策が強化されているのが現状です。多くの取引所では2段階認証や資金の冷却保管、セキュリティ監視などの対策が行われています。

そのため仮想通貨全体のセキュリティも強化されているといえるでしょう。

仮想通貨フレアの価格推移 

                                                                    引用:CoinMarketCap

 

仮想通貨FLR(フレア)の2023年2月12日現在の価格は、1FLR=5.32円です。

FLRは2023年1月9日エアドロップで配布されてから価格がつきました。

2023年1月9日のエアドロップ直後は、1FLR=10円台で取引されていましたが、その後3円台まで下落しました。

下落理由はエアドロップ直後の売り圧の高さが原因だと予想でき、その後は1FLR=6円台まで回復しています。

売り圧による価格変動が落ち着いた後は、1FLR=5円前後で推移しています。

仮想通貨フレアの将来性と今後の展望

続いては、仮想通貨フレアの将来性と今後の展望を紹介します。

  • デジタルアセット市場の拡大とともに成長が期待される
  • XRPとの関係性により需要が高まる可能性がある
  • スマートコントラクトプラットフォームとしての機能の拡充

デジタルアセット市場の拡大とともに成長が期待される

仮想通貨市場が拡大するなかで、スマートコントラクトプラットフォームの需要が高まることから、フレアは成長が期待されます。

仮想通貨市場は拡大を続けており、2021年の時点での市場規模は約2兆ドルとされています。この市場の中で、スマートコントラクトプラットフォームの需要が高まっており、フレアは、その需要の1つとして注目を集めているといえるでしょう。

またフレアはXRPとの結びつきがあり、XRPのユーザー層を取り込むことで成長の余地があります

フレアの主要パートナーであるXRPは、世界的な送金ネットワークを提供する企業であり、ユーザー層は広いです。フレアはこのユーザー層を取り込むことで、大きな成長を遂げる可能性があるでしょう。

XRPとの関係性により需要が高まる可能性がある

XRPはリップル社が開発したデジタルアセットであり、送金スピードの速さに定評がある仮想通貨です。またSBIグループやMUFG銀行などの大手金融機関との提携によって、需要が高まる可能性があります。

リップル社はXRPを用いた決済システムを提供することで、従来の国際送金サービスよりも高速かつ安価な送金を実現することを目指しています。XRPはビットコインやイーサリアムと比較して、トランザクションの処理時間が短いため、スピーディーな送金が可能です。

XRPの価値がより高まることで、フレアの価値も高くなることが予想されます。

スマートコントラクトプラットフォームとしての機能の拡充

フレアネットワークは、XRPのスマートコントラクト機能を実現することで注目を集めています。

フレアネットワークは2020年12月に発表され、XRPのスマートコントラクト機能を実現することで話題となりました。これによりXRPの保有者はフレアネットワーク上でのスマートコントラクト利用が可能となり、より多様なデジタルアセットの相互運用性が向上しました。

またフレアネットワークはイーサリアムとの相互運用性も高く、開発者がスマートコントラクトを作成しやすい環境が整っています。

フレアネットワークは、NFTの発行にも対応しており、クリプトアーティストやコレクターなどがNFTの発行・取引が可能です。さらにフレアネットワーク上では、さまざまなトークンが発行されており、その中にはDeFi(分散型金融)やゲームなどのアプリケーションに活用されるものも存在しています。

フレアネットワークのさらなる機能の拡充が進めば、より多くの開発者や企業が参入し、デジタルアセットの新たな価値を生み出すことが期待できるでしょう。

仮想通貨フレアを取り扱っている主な取引所

続いては、仮想通貨フレアを取り扱っている主な取引所を3つ紹介します。

  • bitFlyer
  • コインチェック
  • GMOコイン

bitFlyer

                                                                              引用:bitFlyer

取引所名 bitFlyer
取扱通貨数 21種類
最低取引数量 1円〜
取引手数料 無料
入出金手数料

入金:無料(住信SBIネット銀行のみ)
出金:3万円未満 220円、3万円以上 440円(三井住友銀行)

   3万円未満 550円、3万円以上 770円(三井住友銀行以外)

詳細 公式サイト

bitFlyerは1円から仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所です。

またbitFlyerは、セキュリティ性が高く7年以上もハッキングが0件を記録しています。

bitFlyerは販売所や取引所、つみたてなどさまざまな購入方法がある取引所です。

コインチェック

引用:コインチェック

取引所名 コインチェック
取扱通貨数 19種類
最低取引数量 500円
取引手数料 無料
入出金手数料

入金:無料(銀行振込のみ)

出金:407円

詳細 公式サイト

コインチェックは取引画面がわかりやすく、初心者でも使いやすい仮想通貨取引所です。

また2021年11月に実施した20代〜60代の投資家300名を対象にしたアンケートでは、国内で1番愛用されている国内取引所に選ばれました。

さらに2021年上半期におけるアプリのダウンロード数でも国内No.1を記録しました。

GMOコイン

引用:GMOコイン

取引所名 GMOコイン
取扱通貨数 23種類
最低取引数量 各通貨により違いあり
取引手数料 無料(販売所)
手数料 入金:無
出金:料(即時入金のみ)無料
詳細 公式サイト

GMOコインは手数料が安く継続的な取引を行うにはおすすめの仮想通貨取引所です。

GMOコインでエイダコインを購入する場合は、販売所でしか取り扱いを行っていません。取引所で購入できるBITPOINTと比較するとデメリットとなるでしょう。

しかし幅広い通貨や機能を離床したい方にはおすすめの仮想通貨取引所です。

フレアが将来的にどのように発展していくのか

フレアは将来的に仮想通貨市場で重要な位置を占めるプラットフォームとなり、ブロックチェーン技術の進歩とともに、さまざまな分野に応用される可能性が高いです。

フレアは分散型のスマートコントラクトプラットフォームとして、従来のブロックチェーンにはない新しい機能を提供しています。

例えば、ビットコインやイーサリアムのようなトランザクション手数料が必要な仕組みではなく、ネットワークの参加者に報酬を与えることができる「F-Asset」などがあります。

また他のブロックチェーンとの相互運用性を実現することで、より多様なデジタルアセットを扱うことができます。さらにフレアは現在も機能を拡充しており、将来的には他の分野でも活用される可能性が高いです。

医療分野では医療データの分散型管理が求められており、フレアのスマートコントラクト技術が活用される可能性があります。他にもビジネスや金融分野でも応用されることが期待されています。

今後はDeFiの分野でも注目を集めることが期待されており、将来性の高い通貨だといえるでしょう。

よくある質問

続いて、仮想通貨フレアについてよくある質問と回答を紹介します。

  • フレアはどのようにして他の仮想通貨と異なるのですか?
  • フレアが将来的に大きな影響力を持つ可能性がある理由はなんでしょうか?
  • フレアを購入する前に、どのような情報を収集する必要がありますか?

フレアはどのようにして他の仮想通貨と異なるのですか?

フレアはスマートコントラクトプラットフォームに特化した仮想通貨であり、他の仮想通貨とは異なる技術的な特徴を持っています。

フレアは、XRPやビットコインなどの仮想通貨を「スマート化」し、スマートコントラクトによる高度な自動化機能を提供しています。したがってフレアは、デジタル資産の管理や取引、支払いなどを効率的かつ安全に行えるといえるでしょう。

フレアが将来的に大きな影響力を持つ可能性がある理由はなんでしょうか?

フレアが将来的に大きな影響力を持つ可能性がある理由は、以下のような点が挙げられます。

  • ビジネスや金融などの分野での自動化が進むことが期待されている
  • 多様なデジタルアセットの相互運用性が向上することにより、取引の効率化が図られる
  • XRPとの関係性により需要が高まることが期待される

これらの要因が合わさり、フレアが将来的にはビジネスや金融、IoTなどの分野で広く利用され、市場規模を拡大することが期待されています。

フレアを購入する前に、どのような情報を収集する必要がありますか?

フレアを購入する前には、以下のような情報を収集することが重要です。

  • プロジェクトの背景や開発者チームの情報を調べる
  • 技術的な特徴や発行上限などの仕様について理解する
  • マーケット動向や将来的な成長性について調べる
  • 取引所での流動性や保管方法など、購入や保有に関わるリスクや手数料について調べる

これらの情報を収集し、投資家自身がリスクとリターンを正しく評価した上で、フレアを購入しましょう。

まとめ

仮想通貨フレアは、仮想通貨の世界で注目を集める新しいプラットフォームです。

フレアはスマートコントラクトを使って、デジタルアセットの相互運用性を高められます。また安全かつ効率的に仮想通貨を管理することができるという利点があります。

今後の展望として、フレアは世界中で注目を集め、仮想通貨の市場に大きな影響を与えることが期待されるでしょう。本記事で紹介した重要なポイントは以下のとおりです。
  • スマートコントラクトを使って、デジタルアセットの相互運用性を高められる
  • XRPやビットコインなど、さまざまな仮想通貨と相互運用性を持っている
  • フレアの技術は世界中で注目を集め、仮想通貨市場に大きな影響を与えることが期待されている
  • 安全かつ効率的に仮想通貨を管理することができるという利点がある
  • 分散型のプラットフォームであり、ユーザーが自由に活動できる

仮想通貨フレアは、デジタルアセットの相互運用性を高めることができる新しいプラットフォームであり、安全かつ効率的に仮想通貨を管理ができます。

将来性の高いフレアですので、今後も情報を追っていくと良いでしょう。