計画的な自己破産で借金踏み倒しは可能?

自己破産で計画的に借金踏み倒しはできるが・・

自己破産で計画的に借金踏み倒しはできるが・・

延滞履歴や事故歴などがある場合はできないと思いますが、まだ真っ白な状態であれば、計画的な借金踏み倒しは可能だと思っています。

例えば、借りれるだけ借りて自己破産する。
そんなこともできるのではないでしょうか。
カードなどを作るときに、連帯保証人はつけませんよね。

 

自己破産なら計画的に借金を踏み倒しできる?

国からの借金や、銀行の借り入れの場合は、連帯保証人が必要になります。
そのため、自分が返済できなくなった場合は、連帯保証人が返済を迫られて迷惑をかけるわけです。

参考:自己破産した人の連帯保証人は?連帯保証人が自己破産した場合は?

 

逆に言えば、連帯保証人がない場合、自己破産をしても身内・知り合いに迷惑はかけません。
キャッシング、カードローンで枠いっぱいに借り入れ、計画的に自己破産をする。

それで計画的に借金を踏み倒せるのではないでしょうか。
ただしこの踏み倒し方では、自己破産をするにも弁護士に依頼をしなければならず、そのお金も掛かります。

自己破産以外の計画的に借金を踏み倒しできる方法

また、これは上級者だと思いますが、一度、代弁(代位弁済)になり、それを買い取った会社に返済を迫られた場合、数万円の返済で終了するという方法もあります。
これは、分かる人には分かる借金の踏み倒し方です。

ちなみに代弁になると、金融会社はその債権を売却します。
その売却された債権を購入する、ヤクザな企業(と言っても本当のヤクザではありません)があるわけです。

債権は数万円で買い取っているので、その買い取った金額以上の返済をしてもらえれば収益になるという仕組みですね。

自己破産にしても代弁にしても、合法的な借金の踏み倒し方法ですが、計画して実現するまでには、金融会社からの催促で神経が磨り減ると思います。
決しておすすめはできない方法です。

 

計画的に倒産して自己破産した勤務先の体験談

計画的に倒産して自己破産した勤務先の体験談

私が前に勤めていた中小企業の体験談です。
私は、それまでサラリーマンはやったことがなくて、伝統工芸的な職人をしていました。

真面目に職人として働いていたのですが、暮らし向きが厳しいこともあって転職、従業員100人規模の会社に入ることができました。

はじめてのサラリーマン生活は嬉しくて、必死に仕事を頑張り、営業職として業績を上げていきました。
しかし会社自体の経営は傾いていたようです。

計画倒産する数ヶ月前から、不穏な雰囲気が立ち込めていました。
売上の減少は、とても厳しい状況でした。

しかし、社長の様子はどこ吹く風で羽振りもよく、自分たち一族はこの世の春を謳歌するように贅沢に暮らしていたようです。

ある日、会社に出勤すると紙切れが貼られており、会社が倒産したと張り紙がしてありました。
もの凄くショックを受け、路頭に迷うかもと不安になりました。

参考:会社、代表取締役、会社役員が自己破産したらどうなる?

 

勤務先の自己破産は計画的?

会社も経営者自身も、その後に自己破産したようですが、それは計画倒産ではないかと憶測が上がっていました。
それは、社長の奥さんの発言が元でした。
直接見聞きしたのではないのですが、従業員仲間からの噂を聞いたのです。

会社の倒産前ですが、奥さんは「どうせ自己破産するつもりだから」と言って、持っているカードを計画的に上限まで使い切っていたそうです。
そのカードで、新車や家具、贅沢な服やバッグを買いあさっていたそうです。

その後、奥さんも自己破産したらしいのですが、如何にも強かで、人間としてどうかと思う話でした。
完全に計画倒産だと、この話を聞いたときに思いました。

社長の家庭には、きちんと働かない息子がいたらしく、今で言うニートですが、彼は散財を繰り返し、会社も手伝わずに遊び暮らしていたそうです。

息子のせいばかりにはできませんが、計画倒産や自己破産の一翼を担っていたことには違いないと思います。
会社の経営不振だけなら、こうはならないでしょうから。

 

計画的に自己破産して居直り

それにしても、開き直りの発言がひどいなと思いました。
計画的に倒産して、自己破産して、責任から一切逃れることが出来ても、社会的信用は失われたわけなので自業自得だと思っています。
やむにやまれずの事とは違うので、同情の余地のない話でした。

私自身は、会社の計画倒産後に、別の企業に就職して平穏に暮らしています。
給料の未払いもあったので、正直、当時は厳しかったです。
こつこつ貯金していたのでギリギリ何とかなりましたが。

計画的に会社を倒産させたことは、今でも許せませんね。
従業員への給料は、最後まできちんとするべきだと思います。

かつての社長は自己破産して債務はなくなったものの、周囲の批判に耐えきれず最終的には夜逃げしました。
金融機関などとは異なり、仕入れなどの取引先は個人的な付き合いもあったようですから、針の筵だったのかもしれません。
当然のことでしょう。

家族も離散です。
奥さんとは離婚したと聞きましたが、息子がどうなったかは知りません。
どうなっていたとしても自業自得でしょうね。

 

トップページ債務整理 > 計画的な自己破産