ソーシャルレンディングおすすめTOP5を実際に投資している投資家が徹底解説

ソーシャルレンディングという投資をご存じでしょうか。

企業に間接的に資金を貸し付けることでリターンを狙う投資です。

利回りは高いファンドで10%ほどを狙えるなど、儲けたい人にも向いている投資となります。

筆者は実際に2年前から投資をしていますので、本当におすすめできるサービスを紹介します。

ソーシャルレンディングに関する知識や疑問も全てお伝えしますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

ソーシャルレンディングおすすめTOP5

筆者は2年以上前からソーシャルレンディングに投資をしています。

その中で本当におすすめできるサービスで5項目について精査し、ランキング形式で紹介していきます。

1.直近10件の平均利回り

直近10件の平均利回り

3%未満

5点

3%以上6%未満

8点
6%以上 10点

2.元本回収率

元本回収率
100%未満 3点
100% 5点

3.運営会社の安定性

運営会社の安定性
資本金1億円以上3億円未満 1点
資本金3億円以上5億円未満 2点
資本金5億円以上 3点
上場企業 5点

4.直近10件の平均募集金額

直近10件の平均募集金額
1,000万円未満 1点
1,000万円以上5,000万円未満 2点
5,000万円以上1億円未満 3点
1億円円以上3億円未満 4点
3億円以上 5点

5.直近1年間の募集回数

直近1年間の募集回数
50件未満 1点
50件以上100件未満 2点
100件以上150件未満 3点
150件以上200件未満 4点
200件以上 5点

ソーシャルレンディングおすすめ1位. Crowd Bank(クラウドバンク)/23点

ソーシャルレンディングでおすすめTOPはクラウドバンクです。

現在最大手のソーシャルレンディングサービスと言えるでしょう。

サービス歴は長いですが貸し倒れがゼロで、利回りの高いファンドも募集されますし、CMを打てるほど資本力もありますよね。

累計応募総額は2,000億円を突破していますが、元本回収率100%を維持しているサービスなので実績にも問題がありません。

1万円から運用可能なので、初心者の方でもリスクを最大限に抑えることができます。

ファンドの募集頻度も高く、総合的におすすめで最初に登録する1社となるでしょう。

直近10件の平均利回り 5.33% 8点
元本回収率

100%

5点
運営会社の安定性

資本金100,000,000円

1点
直近10件の平均募集金額

112,857,143円

4点
直近1年間の募集回数

480回

5点
合計点 23点

Crowd Bank(クラウドバンク)の運営会社情報

会社名 日本クラウド証券株式会社

設立日

2013年4月(社名変更)
資本金 100,000,000円
本社所在地 東京都港区六本木七丁目15番7号 新六本木ビル 6F

Crowd Bankの公式サイトはこちら⇒

ソーシャルレンディングおすすめ同率2位. Bankers(バンカーズ)/20点

バンカーズは現在非常に勢いのあるソーシャルレンディングです。

ファンドの組成ペースも早いですし、SBIソーシャルレンディングを吸収したことでも話題になりましたよね。

積極的にキャンペーンを実施していることも特徴です。

1口1万円からの小口投資が可能で、株式のように値動きがないため管理に知識や時間は不要なので初心者でも利用しやすいサービスと言えるでしょう。

大手証券会社出身の方々が起業しており、専門性の高さからもおすすめできます。

「オンライン本人確認サービスeKYC」で簡単に会員登録ができるのでぜひチェックしてみてくださいね。

直近10件の平均利回り

4.18%

8点
元本回収率

100%

5点
運営会社の安定性

資本金135,000,000円

1点
直近10件の平均募集金額

108,590,000円

4点
直近1年間の募集回数

95回

2点
合計点 20点

Bankers(バンカーズ)の運営会社情報

会社名 株式会社バンカーズ

設立日

昭和49年8月
資本金 13,500万円
本社所在地

〒102-0083

東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門8F

Bankersの公式サイトはこちら⇒

ソーシャルレンディングおすすめ同率2位.オルタナバンク/20点

オルタナバンクは歴史の長いソーシャルレンディングです。

元はmaneoのプラットフォームを使っていましたが、maneoが消滅した後にも健全な運営を続けて今ではオルタナバンクとして生まれ変わったと言えます。

利回りも高いですし人気も高いですよね。

過去には8%というこ利回りのファンドの募集もありました。

36年間オルタナバンクで資産運用を行うと、収益率が226%になると予想されているので将来に向けて資産運用を始めたいという方にもおすすめですよ。

日本保証付きのファンドも有名ですし、総合力が高いソーシャルレンディングです。

直近10件の平均利回り

4.77%

8点
元本回収率

100%

5点
運営会社の安定性

資本金240,090,016円

1点
直近10件の平均募集金額

82,500,000円

3点
直近1年間の募集回数

119回

3点
合計点 20点

オルタナバンクの運営会社情報

会社名 SAMURAI証券株式会社

設立日

2002年2月
資本金 240,090,016円(2022年2月)
本社所在地

東京都港区赤坂2丁目17番46号 グローヴ4階

オルタナバンクの公式サイトはこちら⇒

ソーシャルレンディングおすすめ同率2位. J.LENDING/20点

J.LENDINGは上場企業グループが運営するソーシャルレンディングです。

短期投資と高い利回りが特徴です。

とても人気ですので募集があるとすぐに完売します。

一口50万円ですので初心者向きではないかもしれません。

口座開設手数料や取引手数料がかからないので、資金に余裕のある方には間違いなくおすすめできるでしょう。

また、J.LENDINGは取引専用アプリがあるのでスマホでの利用が便利なサービスです。

個人・法人どちらでも口座開設可能なので気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

直近10件の平均利回り

5.45%

8点
元本回収率

100%

5点
運営会社の安定性

資本金350,000,000円

2点
直近10件の平均募集金額

230,000,000円

4点
直近1年間の募集回数

18回

1点
合計点 20点

J.LENDINGの運営会社情報

会社名 株式会社ジャルコ

設立日

1956年(昭和31年)3月9日
資本金 350,000,000円
本社所在地

本社
〒103-0027
東京都中央区日本橋2丁目16番11号 日本橋セントラルスクエア8階

大阪本社
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4-4-63新大阪千代田ビル別館6階

J.LENDINGの公式サイトはこちら⇒

ソーシャルレンディングおすすめ5位.Funds(ファンズ)/19点

ファンズは安全性重視の方におすすめのソーシャルレンディングです。

タクシーCMやYouTubeのCMで気になっていたという方も多いのではないでしょうか。

元は上場企業グループに絞って投資先を選んでいましたし、今でも安全性は申し分ないでしょう。

大企業からの出資が多く運営会社自体の安定性も申し分ありません。

最低投資額が1円なので、資産運用が初めてという方でも利用しやすいでしょう。

利回りは低い傾向にありますが、先ずは安全性重視の方にぜひおすすめです。

最短5分で口座開設が完了するので、ぜひ登録してみてくださいね。

直近10件の平均利回り

2.35%

5点
元本回収率

100%

5点
運営会社の安定性

資本金1,809,000,000円

3点
直近10件の平均募集金額

224,000,000円

4点
直近1年間の募集回数

93回

2点
合計点 19点

Funds(ファンズ)の運営会社情報

会社名 ファンズ株式会社

設立日

2016年11月1日
資本金 100,000千円
本社所在地

東京都渋谷区恵比寿西1-10-11 フジワラビルディング5階

Fundsの公式サイトはこちら⇒

筆者がソーシャルレンディングに投資している5つの理由を紹介

筆者はソーシャルレンディング以外にもたくさんの投資をしています。

それではなぜソーシャルレンディングにも投資をしているのでしょうか。

  1. ほったらかしで投資ができる
  2. 高いリターンが狙える
  3. 損失の出ていないサービスがたくさんある
  4. 分散投資になる
  5. 実績豊富なサービスが多い

ここでは理由を紹介します。

ソーシャルレンディングに投資する理由1.ほったらかしで投資ができる

ソーシャルレンディングの魅力として、ほったらかしで投資ができる点は嬉しいですよね。

トレードですと毎日マーケットに張り付かなければなりません。

これだと資産運用というより仕事になってしまいます。

放置しておける点はソーシャルレンディングの大きな魅力です。

ソーシャルレンディングに投資する理由2.高いリターンが狙える

ソーシャルレンディングは高いリターンが狙えます。

平均でも利回り5%ほどだと思いますが、高いもので8%や10%もあります。

しっかりと投資で儲けたい人に向いていると言えるでしょう。

ソーシャルレンディングに投資する理由3.損失の出ていないサービスがたくさんある

ソーシャルレンディングは危ないのでは?といった意見もあるかもしれませんが、実は一度も損失が出ていないサービスはたくさんあります。

筆者も2年前からソーシャルレンディング投資をしていますが、一度も損をしていません。

やっている人間からすれば全然損をしていないのが現実と言えます。

ソーシャルレンディングに投資する理由4.分散投資になる

他の投資をしている場合、分散投資になる点も魅力です。

ソーシャルレンディング投資だけをやることは筆者もおすすめしません。

しかし他の投資と合わせることで分散投資効果が高まりますので、結果的に儲かる確率が上がると言えます。

ソーシャルレンディングに投資する理由5.実績豊富なサービスが多い

ソーシャルレンディングは新しいというイメージがあるかもしれませんが、実は業界が始まってから10年ほどが経ちます。

すでに何年もの実績があるサービスがありますし、しっかりと成長している業界となります。

ソーシャルレンディングをおすすめしない理由はある?

先ずはソーシャルレンディングをおすすめする理由をお伝えしました。

筆者としてはソーシャルレンディングについておすすめなのですが、一方でおすすめしない理由はあるのでしょうか。

考えられるものを紹介します。

損失が出たサービスがある(必ず儲かる投資などない)

損失が出たサービスがある(必ず儲かる投資などない)

おすすめしない理由があるとすると、これまで損失が出たサービスはあります。

100%儲かるというわけではありません。

しかしこれはあらゆる投資がそうですよね。

必ず儲かるといった投資の方がはるかに危ないと言えるでしょう。

ソーシャルレンディングのやり方は簡単?3つのステップを紹介

ソーシャルレンディングを始めたい方に向けて、どのように始められるのか紹介します。

簡単にできますのでぜひチェックしてみて下さい。

ステップ1.サービス会社に登録する

先ずはサービス会社に登録をします。

ファンドに直接投資できるのではなく、最初にサービス会社に登録をして、そのからファンドを選ぶ形になります。

ステップ2.募集中のファンドを選ぶ

いつでもどんなファンドにも投資できるわけではありません。

人気のファンドは募集と同時に応募が埋まってしまうケースもたくさんあります。

そのためサービスに登録しておき、募集中のファンドを見つける必要があります。

ステップ3.投資応募が完了して出資する

投資の応募が完了すれば出資ができます。

抽選の場合は当選連絡が来ます。

出資金を入金すれば無事運用が始まります。

ここからはほったらかしですので本当に簡単投資ですよね。

ソーシャルレンディング危ないって本当?やばい、怪しいという噂にも回答

ソーシャルレンディングにはネガティブな噂もあるかもしれません。

ある意味ではほぼ全ての投資に対してネガティブな話はあるのですが、ここではソーシャルレンディングは本当に危ないのか回答します。

儲かっている人はたくさんいる

儲かっている人はたくさんいる

大事なポイントとして、すでに儲かっている人はたくさんいます。

儲からない、詐欺といった噂が仮にあったとしても、これは事実ではありません。

事実筆者も損失ゼロで儲かっています。

過去に事件はあった

きちんとマイナス面も見てみましょう。

過去に事件があったことは事実です。

しかしソーシャルレンディングそのもので事件があったというより、ソーシャルレンディングの名前を使って架空のファンドをでっちあげて資金を集めた詐欺事件でした。

そのため詐欺がソーシャルレンディングの名前を使っただけで、ソーシャルレンディングが詐欺であるわけではありません。

マイナスの印象があるかもしれませんが、詐欺ではないと断言できます。

ソーシャルレンディングはいくらからできる?

ソーシャルレンディングは少額投資ができる点もメリットです。

具体的にはいくらから投資できるのでしょうか。

1円から投資できるサービスもある

実は1円から投資できるサービスも存在しています。

そのためいくらからでも投資できると考えられますよね。

1万円からが一般的

1円から投資できるソーシャルレンディングもありますが、さすがに少なすぎてもあまり意味がありませんよね。

大半のソーシャルレンディングは1万円から投資ができます。

1万円から投資をするというのが一般的でしょう。

ソーシャルレンディングの最大手はどこ?筆者の実体験を紹介

ソーシャルレンディング業界の最大手はどこなのでしょうか。

2年以上前から投資している筆者だからこそ経験した体験も紹介します。

SBIソーシャルレンディングが業界トップだった

SBIソーシャルレンディングというサービスが累計募集額で業界トップでした。

1年以上前からソーシャルレンディングをやっている方は知っていると思います。

しかしテクノシステムという会社の不正に巻き込まれる形で、巨額の貸し倒れを引き起こしてしまい、結果的に存続できなくなりました。

バンカーズが吸収

実は筆者はSBIソーシャルレンディングに50万円投資をしていました。

事件が起きた時は真っ青になりましたが、なんと親会社のSBIが全額補填してくれたのです。

またバンカーズというソーシャルレンディングでとても勢いのある会社が吸収しましたので、結果的に筆者は全く損をしませんでした。

このように事件はゼロではないですが、損をした投資家は多くないのが実態だと考えられます。

ソーシャルレンディングのブログはある?

ソーシャルレンディングについて書いているブログはあるのでしょうか。

他の投資家の状況も調べてみました。

5年以上前から続いているブログもある

ソーシャルレンディングについてはいくつもブログがあります。

中には5年以上前から収支報告を続けているマメなブログも存在します。

多くの人が投資しているという点で安心ですよね。

ソーシャルレンディングは確定申告が必要?いくらから?

ソーシャルレンディングは確定申告が必要なのでしょうか。

何年も前から確定申告をしている筆者が回答します。

ソーシャルレンディングは雑所得

先ずソーシャルレンディングは雑所得となります。

株式投資とは異なりますので注意が必要です。

20万円以上で確定申告が必要

雑所得の利益が20万円以上の場合は確定申告が必要です。

注意点として、ソーシャルレンディングだけではなく他の雑所得の合計が20万円です。

またそもそもの話ですが、サラリーマンが会社にやってもらうのは年末調整ですので、確定申告とは異なりますので誤解しないようにしましょう。

ソーシャルレンディングの安全性を高める方法はある?3つの方法を紹介

ソーシャルレンディングは実は安全性の高い投資です。

それでも不安な方のために、さらに安全性を高める方法を紹介します。

  1. 分散投資をする
  2. 貸し倒れゼロのサービスを選ぶ
  3. 少額から始める

実際にやっている筆者の方法ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

分散投資をする

分散投資は安全性を高める基本です。

つまり一つのサービスやファンドに全資産を突っ込むのではなく、複数のサービス、複数のファンドに分散投資をします。

一つのサービスにしか投資しないやり方はおすすめしません。

貸し倒れゼロのサービスを選ぶ

これまで貸し倒れゼロのサービスを選ぶこともおすすめです。

これまでゼロだからといって未来永劫安全というわけではありませんが、実績から選ぶことで安全性は高まりますよね。

貸し倒れゼロのサービスはたくさんありますので先ずはそこから始めてみるとよいでしょう。

少額から始める

少額から始めることも有効です。

あまりに少ないと投資をしている意味がありませんが、少額から投資をして慣れてきたら金額を上げていくは重要です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ソーシャルレンディングの運用期間はどれくらい?おすすめはある?

ソーシャルレンディングではどれくらい運用すべきなのでしょうか。

おすすめの選び方があるかも紹介します。

6か月から3年ほどが一般的

ソーシャルレンディングでは6か月から3年ほどが一般的な運用期間です。

おすすめの期間は正直なく、個人の好みに合わせて短期か長期が選ぶべきです。

短期ですとそれだけ資金を移動させる手間が発生しますので、筆者は長い方が楽でおすすめできますね。

ソーシャルレンディングと似ているクラウドファンディングとの違いを解説

ソーシャルレンディングと似ている投資で、クラウドファンディング投資がありますよね。

不動産クラウドファンディングや株式投資型クラウドファンディングなどです。

どちらも投資している筆者が違いを解説します。

ソーシャルレンディングは融資型クラウドファンディング

実はソーシャルレンディングもクラウドファンディングの一種であることをご存知でしょうか。

融資型クラウドファンディングと呼ばれます。

物件ではなく会社に出資する

不動産クラウドファンディングとの違いはよく混同されます。

ソーシャルレンディングでも不動産企業が多いですからね。

不動産クラウドファンディングは物件ごとにファンドを組成するのが一般的ですが、ソーシャルレンディングでは物件ではなく企業に貸し付けを行うファンドになります。

そのため企業そのものの安全性を確認することがより重要と言えるでしょう。

ソーシャルレンディングで出てくるmaneo事件とは何?

ソーシャルレンディングではmaneo事件が有名です。

最近始めた方はご存知ないと思いますので、改めて概要を説明します。

グループ会社が出資金を別の用途に使った

Maneoマーケット社は当時ソーシャルレンディング業界トップでした。

そのためmaneoのプラットフォームを使うmaneoファミリーと呼ばれた会社が10社ほど存在しました。

残念ながらその中の一社が、出資金を別の用途に使うなどの不正が発覚して、行政処分を受けたことがmaneo事件の概要です。

健全に運営していた会社は今でも運営している

残念な事件でしたが、maneoに関わる全ての会社が不正だったわけではありません。

当時から健全に運営していた企業は、現在もsamurai fundとして継続しています。

業界の黎明期だったとも考えられますよね。

サラリーマンでもソーシャルレンディングはできる?

サラリーマンの方でも副業としてソーシャルレンディングを検討している方はいますよね。

実際に投資している筆者が向いているか解説します。

サラリーマンにこそおすすめ

ソーシャルレンディングはサラリーマンにこそおすすめと言えます。

最大の理由はほったらかしでできる点でしょう。

株ならばどうしても値動きが気になってしまいますが、ソーシャルレンディングでは出資したらやることがありません。

完全放置で問題ないため本業がある方にこそ適していますよね。

ソーシャルレンディングはアメリカにも投資できる!

ソーシャルレンディングでは海外にも投資できることをご存じでしょうか。

ここではアメリカに投資できるサービスを紹介します。

クラウドバンクでは海外投資が可能

海外投資ができるソーシャルレンディングはいくつかありますが、クラウドバンクではアメリカに投資できるファンドも組成されます。

円建てとドル建てが選べるなど、早い段階から海外対応していると言えます。

アメリカにも投資したい方はぜひチェックしてみてください。

ソーシャルレンディングは儲からないって本当?筆者は全て儲かっている

ソーシャルレンディングは儲からないという噂もあるようです。

筆者は数年前から投資していますが、この噂が本当か考えてみましょう。

9割以上のサービスは儲かっている

儲かっていないということは貸し倒れが起きて損失が発生したということですよね。

正式なデータがあるわけではないですが、9割以上のサービスで貸し倒れは起きていないと考えられます。

実際筆者はほとんどのサービスを網羅した上で複数のサービスに投資してきましたが、一つも損失が出ていません。

もちろん絶対に損をしないような投資はありませんが、確率としては儲かる方が高いと言えますよね。

ソーシャルレンディングはポンジ・スキームではない?大丈夫?

新しい投資が出る度にポンジ・スキームかと疑われます。

それ自体はよいことだと言えますが、ソーシャルレンディングはポンジ・スキームではないか気になりますよね。

ポンジ・スキームではないかも確認してみましょう。

結論ポンジ・スキームではない

結論としてソーシャルレンディングはポンジ・スキームではないと考えられます。

ポンジ・スキームとは実態のないサービスを使い、虚偽の記載で資金を集めるような仕組みです。

ソーシャルレンディングはこれまで何年間も実績がありますし、架空のファンドで資金を回してきたわけではないですよね。

ソーシャルレンディングの名前を使った詐欺事件があったとしても、ソーシャルレンディングそのものがポンジ・スキームということでは全くありませんので、それ自体を心配する必要はないでしょう。

まとめ

2年以上前から複数のソーシャルレンディングに投資をしている筆者が、おすすめのサービスから気になる知識、疑問まで全てお答えしました。

ソーシャルレンディング自体は決して詐欺などではありません。

ぜひ実際の声を参考してもらえればと思います。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。