セミリタイアに必要な資産を年代別でシュミレーション!貯金目安と4つの資産形成の方法をプロ投資家目線で大公開!

「セミリタイアするためにはいくら必要なのかを知りたい」

「セミリタイアするための資産形成の方法が知りたい」

セミリタイアに憧れを持っている方の中には、上記のような要望を持っている方が少なくありません。

具体的な資金計画を立てるために必要不可欠な情報であるためです。

実際、セミリタイアに必要な資金や自身に適した資産形成の方法を理解していないと、資金が貯まらなかったりするなどしてセミリタイアを達成できない事態に陥る可能性があります。

そのため、この記事では年代別のセミリタイアに必要な資金とおすすめの資産形成の方法について解説します。

セミリタイアをしたいと考えているなら、この記事を参考にしてみてください。

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

☆その不動産投資、本当に大丈夫?第三者視点でプロが診断してくれる「Dr.マンション投資」を活用しましょう[ad]☆

不動産投資を始めようと検討している人であれば、複数の不動産会社のセミナーや説明会に参加して、条件を比較している人も多いのではないでしょうか?しかしどの不動産会社に話を聞いても、基本的にメリットの部分しか話しませんから、本当にその物件に投資をして大丈夫なのか確信を持てない人も多いでしょう。

不動産投資は数千万円単位のお金を借りて行う人が大半なので、条件の悪い物件をつかまされて、将来自己破産に追い込まれるなどの事態は絶対に避けたいはずです。そこでおすすめしたいのが、第三者視点でプロから不動産投資についてアドバイスがもらえる「Dr.マンション投資」です。


 
Dr.マンション投資は利用することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 90戸の不動産投資をしているメガ大家でもある不動産投資家が監修
  • 今検討している不動産投資に関しての診断だけでなく、今後の考え方についてもアドバイスをもらえる
  • 問い合わせから最短1日で、電話、ZOOM、対面のどの形でも気軽に相談できる
  • 本来相談料5,000円がかかるところ、無料で相談可能
  • 物件の悪い点の指摘でなく、良い点もフラットに教えてくれる

不動産投資を成功させる上で、利害関係のない第三者かつ不動産投資のプロに相談することほど効果的なアクションはありません。無料かつオンラインでも気軽に相談できますし、無理な勧誘などもありません。
契約を結んで一生後悔するような事態になってしまう前に、不動産投資を検討している人はぜひ活用してみてください。 

セミリタイアとは

セミリタイアとは不労所得や不定期・短期間の労働だけで生活することです。

自由な時間を持つことを重視して、基本的にフルタイムで働くようなことはしません。

当然、収入は大幅に減少してしまうので、貯蓄や資産を形成しておくことが重要になります。

ちなみに、セミリタイアと似た言葉で「アーリーリタイヤ」というものがあります。

アーリーリタイアは30〜50代のうちに仕事を辞めて、趣味や家族を重視して生活することで、セミリタイアはアーリーリタイアの一種です。

年代別のセミリタイアに必要な資産金額

セミリタイアするために必要な資金を以下の年代別に紹介していきます。

  • 30代でセミリタイアするために必要な資産金額
  • 40代でセミリタイアするために必要な資産金額
  • 50代でセミリタイアするために必要な資産金額

セミリタイアを考えている方は、自身が該当する年代のセミリタイアするために必要な資金を確認するようにしてください。

30代でセミリタイアするために必要な資産金額

30代でセミリタイアするためには「7,000〜9,000万円程度」の資金が必要だと言われています。

では、実際にどの程度の資金が必要になるかを以下の条件でシミュレーションしてみましょう。

前提条件

  • 1ヵ月生活費:「15.5万円」(総務省が公表している「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」の単身勤労者世帯の平均消費支出額を使用)
  • 81歳まで生存すると仮定(厚生労働省の令和3年簡易生命表の男性の平均寿命を使用)
  • 35歳でセミリタイアしたと仮定
  • 毎月の収入を2万円と仮定

(15.5万円−2万円)×12ヶ月×(81-35)=7,452万円

上記の条件でセミリタイアするためには、「7,452万円」が必要です。

ただし、この金額はあくまでも目安になります。

実際の金額は世帯人数やセミリタイア後の収入、生活水準などによっても異なるためです。

詳細な金額を知りたい方は自身の条件でシミュレーションするようにしてください。

40代でセミリタイアするために必要な資産金額

40代でセミリタイアするために必要な資金は、「4,000〜6,000万円程度」必要だと言われています。

では、40代でセミリタイアするために必要な資金も30代と同様にシミュレーションしてみましょう。

前提条件

  • 1ヵ月生活費:「15.5万円」(総務省が公表している「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」の単身勤労者世帯の平均消費支出額を使用)
  • 81歳まで生存すると仮定(厚生労働省の令和3年簡易生命表の男性の平均寿命を使用)
  • 45歳でセミリタイアしたと仮定
  • 毎月の収入を2万円と仮定

(15.5万円−2万円)×12ヶ月×(81-45)=5,832万円

この条件でセミリタイアするためには、「5,832万円」が必要です。

すでに説明しているように上記の金額はあくまでも目安になります。

そのため、本当に必要な金額について自身の条件でシミュレーションして把握しておきましょう。

50代でセミリタイアするために必要な資産金額

50代でセミリタイアするために必要な資金は、「4,000万円程度」必要だと言われています。

では、50代でセミリタイアするために必要な資金も他の年代と同様にシミュレーションしてみましょう。

前提条件

  • 1ヵ月生活費:「15.5万円」(総務省が公表している「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」の単身勤労者世帯の平均消費支出額を使用)
  • 81歳まで生存すると仮定(厚生労働省の令和3年簡易生命表の男性の平均寿命を使用)
  • 55歳でセミリタイアしたと仮定
  • 毎月の収入を2万円と仮定

(15.5万円−2万円)×12ヶ月×(81-55)=4,212万円

55歳でセミリタイアするためには、「4,212万円」が必要です。

50代でのセミリタイアを検討している方は参考にしてみてください。

セミリタイアするための資産形成の方法4選

セミリタイアするための資産形成の方法として以下の4つの方法を紹介します。

  • 不動産クラウドファンディング
  • 不動産投資
  • つみたてNISA
  • NISA

上記について解説するので、セミリタイアを検討しているなら参考にしてみてください。

セミリタイアするための資産形成の方法1.不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングはインターネット上で事業者が多数の投資家から出資してもらい、その資金を元に不動産を購入、家賃収入や売却益などの収益を投資家に分配する不動産投資の手法です。

以下のメリットがあるため、セミリタイアの資産形成の方法として最もおすすめの投資になります。

  • 年利30%を超える高利回りの案件がある
  • 他の投資と比較して平均利回りが7%前後と高い
  • 事業者が不動産の運用してくれるため手間と時間がかからない
  • 1万円から投資できるので少ない資金でも投資できる
  • インターネット上で簡単に手続きができる

上記のメリットの中でも特に注目するべきポイントは、他の投資と比較しても高い利回りです。

高利回りであれば資金が少なくても大きく儲けることができるため、リスクを抑えつつ大きく資金を増やしたい方は、不動産クラウドファンディングを検討してみてください。

ちなみに、不動産クラウドファンディングのファンドに投資する際は、実績が豊富な事業者が運営しているファンドを選ぶことをおすすめします。

実績がある事業者なら安定した運用を期待でき、元本割れを起こすリスクも低いためです。

したがって、不動産クラウドファンディングの投資先を選ぶ際は、事業者のホームページなどから過去案件数や実績を確認するようにしましょう。

セミリタイアするための資産形成の方法2.不動産投資

セミリタイアの資産形成の方法としておすすめしたいのが、インカムゲインを狙う不動産投資になります。

不動産投資をおすすめする理由は以下の3つです。

  • 他の投資方法よりもやり方が確立されているため初心者でもわかりやすい
  • 管理会社に不動産の運用を任せると手間を取られない
  • 不動産投資は毎月安定した収入が得られる

上記にもあるように、毎月安定した収入が得られるため、ローンを返済できるフローを作れれば有効な方法です。

ただし、物件を購入するために多額の資金が必要になるため、気軽にできる投資ではありません。

セミリタイアするための資産形成の方法3.つみたてNISA

つみたてNISAとは、2018年1月からスタートした「長期積立・分散投資を促進する」ことを目的とした制度です。

以下のようなメリットがあります。

  • 開設した専門口座内で運用した利益が最大20年間非課税になる
  • 金融庁が認定した投資信託やETFしかないため信頼性が高い
  • 100円から投資できるため資金に余裕がなくても投資できる
  • 継続して運用することで複利効果を得られる

ただし、年間で投資できる金額の上限が決められているので、つみたてNISA単体では多額の資産運用はできません。

このため、短期間で大きく稼ぎたい方には向いていない方法です。

大きく稼ぎたい方は、他の投資方法と組み合わせるようにしましょう。

セミリタイアするための資産形成の方法4.NISA

NISAは国民の資産形成を後押しすることを目的としてスタートした税制優遇制度です。

以下のメリットがあるため、セミリタイアに向いている資産形成の方法になります。

  • 最長5年間投資で得た利益が非課税になる
  • 株式の配当金や株式投信の分配金が非課税になる
  • 100円から投資できるため資金に余裕がなくても投資できる

ただし、NISAは年間120万円分しか投資できないため、つみたてNISAと同様にNISA単体で大きく稼ぐことはできません。

このため、大きく稼ぎたい方は他の投資と組み合わせるようにしましょう。

なお、NISA・つみたてNISAのどちらかしか口座開設できないことも覚えておいてください。

まとめ

セミリタイアするためには、計画的に資金を貯める必要があります。

そのため、目標とする年代のセミリタイアに必要な資金を把握したうえで、目標設定を行うことが重要です。

また、セミリタイアをするためには、自身に適した資産形成の方法を理解しておくことも重要になります。

したがって、この記事では年代別のセミリタイアに必要な資金とおすすめの資産形成の方法について解説しました。

セミリタイアをしたいと考えているならこの記事を参考にしてみてください。

☆その不動産投資、本当に大丈夫?第三者視点でプロが診断してくれる「Dr.マンション投資」を活用しましょう[ad]☆

不動産投資を始めようと検討している人であれば、複数の不動産会社のセミナーや説明会に参加して、条件を比較している人も多いのではないでしょうか?しかしどの不動産会社に話を聞いても、基本的にメリットの部分しか話しませんから、本当にその物件に投資をして大丈夫なのか確信を持てない人も多いでしょう。

不動産投資は数千万円単位のお金を借りて行う人が大半なので、条件の悪い物件をつかまされて、将来自己破産に追い込まれるなどの事態は絶対に避けたいはずです。そこでおすすめしたいのが、第三者視点でプロから不動産投資についてアドバイスがもらえる「Dr.マンション投資」です。


 
Dr.マンション投資は利用することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 90戸の不動産投資をしているメガ大家でもある不動産投資家が監修
  • 今検討している不動産投資に関しての診断だけでなく、今後の考え方についてもアドバイスをもらえる
  • 問い合わせから最短1日で、電話、ZOOM、対面のどの形でも気軽に相談できる
  • 本来相談料5,000円がかかるところ、無料で相談可能
  • 物件の悪い点の指摘でなく、良い点もフラットに教えてくれる

不動産投資を成功させる上で、利害関係のない第三者かつ不動産投資のプロに相談することほど効果的なアクションはありません。無料かつオンラインでも気軽に相談できますし、無理な勧誘などもありません。
契約を結んで一生後悔するような事態になってしまう前に、不動産投資を検討している人はぜひ活用してみてください。