DARWIN Fundingの評判・口コミは怪しい?メリット・デメリットから過去の実績まで徹底解説!

「DARWIN Fundingの利用を検討しているけど、実際のところどうなんだろう?」

「実際に利用した人の声を聞いた上で、利用するか判断したい!」

など、DARWIN Fundingを利用するか検討する際、このような疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

プロ投資家がDARWIN Fundingのメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

利用者の評判や口コミについても紹介していくので、利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

DARWIN Fundingの公式サイトはこちら⇒

【監修者】青柳 雄太郎

 

株式会社BrightReach(ブライトリーチ)代表取締役。 大手コンサルティングファームでの経営コンサルタント、不動産投資ファンドでのファンドマネージャー、 外資系生命保険会社での経営企画部門を歴任し、現在に至る。 生命保険・損害保険・不動産仲介・不動産売買・人材紹介事業を展開。 会社経営を行いながら、年間100件以上の個人や法人の資産運用・ライフプランニング・

保険見直し・ 不動産取引のコンサルティングを行っている。 宅地建物取引士。 慶應義塾大学理工学部卒。

※本記事はPRを含みます。

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

DARWIN Fundingの評判・口コミは悪い?Twitterからリアルな声を紹介!

DARWIN Funding の投資家たちによる評判は、どうなのでしょうか。

Twitterから口コミを集めました。

DARWIN Fundingの良い評判・口コミを紹介

まず、DARWIN Fundingに寄せられる良い評判や口コミから確認していきましょう。

キャンペーンを高頻度で行っており、喜んでいる方が多いですね。

また抽選には当たらないこともありますが、他のサービスよりかは投資がしやすいという意見がありました。

DARWIN Fundingの悪い評判・口コミを紹介

ここではDARWIN Fundingに寄せられるネガティブな意見を確認していきましょう。

DARWIN Fundingのネガティブな意見としては、人気で当たりづらいというのと、ポイントサイト経由の方の承認が遅いということがあげられました。

当たりづらいのは人気ということなので安心できるポイントにもなります。

承認の早さに関してはこれから改善してほしいですね。

これから案件をどんどん増やしいていくDARWIN Fundingに期待ですね。

DARWIN Fundingの公式サイトはこちら⇒

DARWIN Fundingの3つの特徴・メリット

DARWIN Fundingの3つの特徴・メリットをご紹介します。

  • 利回りが高い
  • 劣後出資割合が高い
  • 短期運用が可

DARWIN Fundingの特徴・メリット1.利回りが高い

DARWIN Fundingの案件は利回りが高いといわれています。

平均利回りは5.83%でした。

他社の不動産クラウドファンディングでは4.0%前後が一般的であるため、比較すると高いことがわかります。

リターンを重視したい人にとって、DARWIN Fundingに投資するメリットは大きいでしょう。

DARWIN Fundingの特徴・メリット2.優先劣後割合が高い

DARWIN Fundingの案件は優先劣後割合が高く、投資家の出資元本が保護される仕組みとなっています。

優先劣後システムにより一定割合までの損失については、運営会社が補填するため投資元本を毀損することがありません。

元本割れが気になる人は、優先劣後割合の高い案件を選択しましょう。

DARWIN Fundingの特徴・メリット3.短期運用が可能

DARWIN Fundingでは短期運用が可能です。

2024年3月現在までに公開されているファンドの平均運用期間は291日でした。

多くの案件が一年未満で一番運用期間が短いものでは62日というものもありました。

しかし1年と184日という比較的長期の案件もあるので、個人の好みに合わせて投資が可能です。

DARWIN Fundingの公式サイトはこちら⇒

DARWIN Funding の2つの注意点・デメリット

DARWIN Funding の注意点・デメリットを説明します。

DARWIN Fundingの注意点・デメリット1.運用実績が未知数

DARWIN Fundingは今までに募集・運用されたのは、17案件です。(2024年3月時点)

他のサービスと比べると実績がまだ少ないと感じますね。

そのため、好条件の案件が継続して続くのか、予定通りの利回りが期待できるのかなど、まだまだ未知数な部分も多いといえます。

とはいえ、申し込みが殺到しており、今まで募集したファンドの倍率は108%〜368%と高く、多くの投資家が魅力的なサービスと判断しているのは事実です。

DARWIN Funding の注意点・デメリット2.元本保証がない

DARWIN Fundingに限った話ではないですが、元本保証はありません。

不動産の運用ですので、経済状況や自然災害など、さまざまな要因で損失がでる可能性があります。

ただし、優先劣後システムにより一定割合まで、運営会社が補填する仕組みがとられています。

DARWIN Fundingには投資家の元本を守る仕組みがあり、安心して投資できるでしょう。

DARWIN Funding の実績は良い?詐欺や元本割れについて紹介!

DARWIN Fundingでは現時点までに17の案件が組成されました。(2024年3月時点)

これまで運用終了したものは5件ですが、元本割れは起きていません。

これからの実績に注目したいですね。

DARWIN Fundingの公式サイトはこちら⇒

DARWIN Fundingは「短期運用でリターンを重視したい人」におすすめのクラウドファンディング

DARWIN Fundingの案件は利回りが高く、4.4~8.0%とリターンを重視したい人におすすめのクラウドファンディングです。

また、運用期間が短いものも多く、短期間で投資先を変えたい人、お試しではじめてみたい人にもよいでしょう。

1万円から短期運用ができるため、運用経験が浅い人もこの機会にはじめてみてはいかがでしょうか。

DARWIN Fundingの登録から利用するまでの3つのステップを解説!

DARWIN Fundingの登録から利用のステップは、以下の通りです。

本人確認書類として免許証とマイナンバーカードが必要ですので、あらかじめ準備しておきましょう。

  1. 公式サイトから会員登録
  2. 口座開設申し込み&本人確認書類アップロード
  3. ファンド申し込み

STEP1.公式サイトから会員登録

公式サイトの右上「会員登録」のタブをクリックし、メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

入力したメールアドレス宛に認証用の確認メールが届きます。

STEP2.口座開設申し込み&本人確認書類アップロード

投資家情報の入力と本人確認書類のアップロードをおこないましょう。

なお、分配金受け取り時の出金先の銀行口座の登録も必要です。

キャッシュカードや通帳など、口座番号がわかるものを準備しておきましょう。

STEP3.ファンド申し込み

会員登録が完了するとマイページが利用できるようになります。

気になる案件があれば、マイページからログインをして申し込みをはじめてみましょう。

DARWIN Fundingの公式サイトはこちら⇒

DARWIN Fundingのキャンペーン情報!Amazonギフト券がもらえる?

DARWIN Fundingでは2024年3月現在、キャンペーンが2種類行われています。

順番に紹介していきます。

お友達紹介キャンペーン

DARWIN Fundingではお友達紹介キャンペーンが実施されています。

DARWIN fundingへ登録いただいている会員がX やInstagramを活用して知り合いの方などに紹介し、紹介された方が投資家登録を完了させるとお互いにAmazonギフト券1,000円分もらえます。

また、紹介された方が「開発型13号ファンド」「開発型14号ファンド」へ10口以上出資するとさらに2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、合計3,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンです。

期間は2024年2月1日(木)~3月15日(金)までとなっています。

ダブルキャンペーン

「DARWIN Funding 開発型13号」、「DARWIN Funding 開発型14号」の出資口数に応じてAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも開催しています。

キャンペーン期間は2024年1月16日〜2024年3月15日までです。

こちらのキャンペーンは全てのファンドに応募することが条件です。

詳しくは公式ホームページを見てみてください。

DARWIN Fundingは怪しい?よくある質問を3つ紹介

ここでは、 DARWIN Fundingのよくある質問3つを紹介します。

  • 元本保証はあるの?
  • 募集金額が予定していた金額に達しない場合どうなるの?
  • 運用開始後の途中解約は可能?

元本保証はあるの?

元本保証はありません。

対象不動産の売却価格等により変動します。

なお、DARWIN Fundingでは、投資家の出資金を保護するために「優先劣後方式」が採用されています。

募集金額が予定していた金額に達しない場合どうなるの?

募集金額に達しない場合、ファンド不成立となる場合があります。

ファンド不成立の際には、申込金額は預金として組み戻されます。

運用開始後の途中解約は可能?

やむを得ない事情がある場合には、書面にて通知することで解約が可能です。

また、分配金の支払いにかかる振込手数料は運営会社負担となります。

DARWIN Fundingの公式サイトはこちら⇒

DARWIN Fundingの運営会社を紹介

DARWIN Fundingは、ダーウィンアセットパートナーズ株式会社によって運営されています。

ダーウィンアセットパートナーズ株式会社では、投資用物件の売買から入居募集・管理、アセットマネジメント事業まで幅広くおこなっています。

ダーウィンアセットパートナーズ株式会社の会社概要

ダーウィンアセットパートナーズ株式会社の詳細方は以下の通りです。

社名 ダーウィンアセットパートナーズ株式会社
本社所在地 〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館 3F
設立日 2009年9月18日
代表者 男松 祐次
資本金 1億円
取得免許 宅地建物取引業 東京都知事(3) 第91643号
不動産特定共同事業 東京都知事 第163号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(1) 第007265号

まとめ

今回紹介したDARWIN Fundingについて、重要なポイントを3つにまとめました。

  • 利回りが年利4.4~8.0%と高め
  • 運用期間が短期なものが多く、はじめやすい
  • 2022年9月に運用開始と新しいため、今後の実績に注目が集まっている

DARWIN Fundingに興味を持たれた方は、DARWIN Fundingの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

DARWIN Fundingの公式サイトはこちら⇒

累計調達額No.1不動産クラファン「COZUCHI(コヅチ)」が最大50,500円のアマギフプレゼントキャンペーン実施中!【ad】

累計調達額600億円超のNo.1の不動産クラウドファンディング「COZUCHI」が人気を集めています。

これまで一度も元本割れがないことから多数の投資家から愛されているサービスです。

そんなCOZUCHIですが、2024年3月現在、サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

 

会員登録だけでも2,000円分のAmazonギフト券がもらえ、登録から180日以内の投資金額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえます。

登録だけで2,000円分のAmazonギフト券がもらえることは滅多にありません。

興味がある方はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。