COZUCHIは資産運用としておすすめ?プロ投資家目線でJ-REITやソーシャルレンディングとの違いについても解説!

「不動産クラウドファンディングに投資をしようと思っているけど何に投資してよいかがわからない」

「COZUCHIはJ-REITやソーシャルレンディングと比べて何が違うの?」

など、不動産クラウドファンディングのCOZUCHIについて情報を得たい人も多いと思います。

COZUCHIは、匿名組合型の不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングでは、投資家は運営会社が組成するファンドに投資を行い、投資期間が終了するとファンドの投資実績に応じた分配金が得られます。

中でもCOZUCHIは、1万円から購入できる、10%を越える利回りの案件が多い、アマゾンギフトがもらえるなど、おすすめポイントが多いです。

今回は、資産運用先として話題のCOZUCHIについて解説します。

また2022年8月現在、COZUCHIは下記2つのキャンペーンを実施しています。

  1. 無料の投資家登録でAmazonギフト券2,000円分プレゼント(※当サイト限定キャンペーン)
  2. 期限内の投資家登録&10万円以上の投資で最大30万円分のAmazonギフト券プレゼント

1のキャンペーンに関しては当サイト経由で申し込みをしないと適用されず、直接公式サイトから申し込んでしまうと適用外になるので注意してください。

 

公式サイトを見ても1番のキャンペーンに関しての詳細は記載されていませんが、キャンペーンの詳細についてまとめられたページがあるので、気になる人はチェックしておいてください。

1番のキャンペーンの詳細ページはこちら⇨

過去のCOZUCHIのキャンペーンの中でも最大規模の還元額なので、興味を持っている人はぜひこの機会に投資家登録を済ませておくことをおすすめします。

1番のキャンペーンを適用させたい方は、必ず下記の緑色のボタン経由で登録するようにしてくださいね。

話題の資産運用!不動産クラウドファンディングのCOZUCHIってどんな投資先?

COZUCHI はSNSなどでも話題になっていますが、実際にどういった投資商品なのかを知らない人も多いと思います。

ここでは、COZUCHIの仕組み、

  • 「不動産特定共同事業法」の電子取引の認可を受けた事業者が運用
  • 匿名組合型
  • 任意組合型

について解説します。

「不動産特定共同事業法」の電子取引の認可を受けた事業者が運用

LAETOLI株式会社は不動産特定橋上事業法の電子取引の許可を受けた事業者として、不動産クラウドファンディングのCOZUCHIを運営しています。

不動産特定共同事業法の電子取引の許可を受けるには、資本金1億円、宅建業法の免許取得、事務所ごとの業務管理者配置などの条件を満たす必要があります。

不動産クラウドファンディングには、匿名組合型と任意組合型があり、COZUCHIは匿名組合型です。

匿名組合型

匿名組合型では、投資家と事業者がここに匿名組合契約を結び、投資家は不動産の所有権を持たずに事業者が運営を行います。

投資家は出資金以上の損失が出ても責任を負う必要はなく、分配金は不動産所得ではなく雑所得となります。

投資期間は1か月~、最低出資額は1万円~10万円です。

任意組合型

任意組合型は、すべての投資家と事業者が任意組合契約を結び、投資家は不動産の所有権を持ち、事業者との共同事業として運営を行います。

不動産の所有権を投資家が持っているので、不動産売却時にキャピタルゲインが出た場合は分配を受けることが可能です。

他にも不動産税制の活用や相続税対策としても効果が期待できます。

投資家は出資額以上の損失が出た場合も共同責任として損失を負うことになります。

COZUCHIの公式サイトはこちら⇒

その他の金融商品との違いとは?

COZUCHIは不動産クラウドファンディングですが、似たような金融商品にJ-REITやソーシャルレンディングがあります。

ここでは、COZUCHIとその他の金融商品の違いについて解説します。

J-REITとの違い

J-REITは、不動産のみに投資を行う上場投資信託です。

運営会社である不動産投資法人が投資家から集めた資金を使って不動産投資を行い、利益を分配金として配当する点はCOZUCHIと似ています。

一方でJ-REITは東京証券取引所に上場しており、証券口座を開設すれば誰でも購入できる、需給によって価格が上下する点がCOZUCHIと大きく異なります。

売却益や流動性の高さを重視したい人にはJ-REITがおすすめです。

ソーシャルレンティングとの違い

クラウドファンディングには、寄付型、購入型、投資型の3つのタイプがあります。

投資型クラウドファンディングの多くは貸付型で、ソーシャルレンディングは貸付型クラウドファンディングのことです。

不動産クラウドファンディングは不動産に特化しているのに対して、ソーシャルレンディングの場合は不動産以外の事業資金や新商品の開発資金など幅広い分野が対象になる点が異なります。

不動産クラウドファンディングの中でもCOZUCHIがおすすめな3つの理由

COZUCHIは他のクラウドファンディングと比べてもおすすめできるポイントが多いです。

ここでは、COZUCHIがおすすめな3つの理由、

  • 1万円から購入できる
  • 10%を越える利回りの案件が多数
  • アマゾンギフトがもらえる

について解説します。

1万円から購入できる

不動産クラウドファンディングによっては、最低金額が100万円からといった商品も多いですがCOZUCHIは1万円から購入が可能です。

100万円となると資金を準備するのが大変で始めるのが難しいですが、1万円であればお小遣いや余裕資金からでも捻出できます。

10%を越える利回りの案件が多数

不動産クラウドファンディングの分配金利回りは、低いものだと年1.5%といった商品もありますが概ね5%~8%です。

しかし、COZUCHIは年10%を越える案件も多く、分配金利回りの高さがCOZUCHIの魅力と言えます。

通常のクラウドファンディングでは、設定された想定利回りに基づいて分配金が支払われますが、COZUCHIは分配金の上限を設定していないので想定を超える利益を上げた場合はそれに合わせて分配金の支払いが増えるといったメリットがあります。

アマゾンギフトがもらえる

COZUCHIでは、定期的に購入者に対してアマゾンギフトのプレゼントを行っています。

2022年7月時点においては、先着500名にアマゾンギフト2,000円分プレゼントを実施中です。

2022年7月1日~31日までに投資家登録を行って8月5日までに登録が完了する必要があります。

COZUCHIの公式サイトはこちら⇒

まとめ

COZUCHIは、匿名組合型の不動産クラウドファンディングです。

1万円から投資を始めることができる、分配金利回りが年10%を越える商品も多い、アマゾギフトがもらえるなど、たくさんのメリットがあります。

J-REITと比べると流動性は低いですが、投資期間中は価格の変動などがなく、想定の利回り以上に分配金が配当される可能性があるなど、安全性の高い投資商品と言えます。

これから投資を始めようと考えている人は、不動産クラウドファンディングのCOZUCHIを検討してみてはいかがでしょうか。

また2022年8月現在、COZUCHIは下記2つのキャンペーンを実施しています。

  1. 無料の投資家登録でAmazonギフト券2,000円分プレゼント(※当サイト限定キャンペーン)
  2. 期限内の投資家登録&10万円以上の投資で最大30万円分のAmazonギフト券プレゼント

1のキャンペーンに関しては当サイト経由で申し込みをしないと適用されず、直接公式サイトから申し込んでしまうと適用外になるので注意してください。

 

公式サイトを見ても1番のキャンペーンに関しての詳細は記載されていませんが、キャンペーンの詳細についてまとめられたページがあるので、気になる人はチェックしておいてください。

1番のキャンペーンの詳細ページはこちら⇨

過去のCOZUCHIのキャンペーンの中でも最大規模の還元額なので、興味を持っている人はぜひこの機会に投資家登録を済ませておくことをおすすめします。

1番のキャンペーンを適用させたい方は、必ず下記の緑色のボタン経由で登録するようにしてくださいね。