COZUCHIは安全性が高い?プロ投資家目線で元本割れや実績について徹底解説!

「COZUCHIに投資をしようと考えているけど安全性の面で大丈夫なの?」

「COZUCHIは色々なタイプのファンドがあるけど何に投資をすればいいの?」

など、安全性の高い投資先としてCOZUCHIが注目されています。

COZUCHIは、様々なタイプのプロジェクトに投資を行っている人気の不動産クラウドファンディングです。

投資家の元本毀損リスクを低減する優先劣後システムを採用しており、累計投資額は120億を越えますが元本割れしたことは一度もありません。

安全性が高く、1万円と少額で購入できるので初心者でも始めやすい投資商品と言えます。

事業用地やリゾート用地、開発プロジェクトなどファンドの種類も豊富です。

今回は、初心者にもおすすめの投資商品であるCOZUCHIについて解説します。

また2022年8月現在、COZUCHIは下記2つのキャンペーンを実施しています。

  1. 無料の投資家登録でAmazonギフト券2,000円分プレゼント(※当サイト限定キャンペーン)
  2. 期限内の投資家登録&10万円以上の投資で最大30万円分のAmazonギフト券プレゼント

1のキャンペーンに関しては当サイト経由で申し込みをしないと適用されず、直接公式サイトから申し込んでしまうと適用外になるので注意してください。

 

公式サイトを見ても1番のキャンペーンに関しての詳細は記載されていませんが、キャンペーンの詳細についてまとめられたページがあるので、気になる人はチェックしておいてください。

1番のキャンペーンの詳細ページはこちら⇨

過去のCOZUCHIのキャンペーンの中でも最大規模の還元額なので、興味を持っている人はぜひこの機会に投資家登録を済ませておくことをおすすめします。

1番のキャンペーンを適用させたい方は、必ず下記の緑色のボタン経由で登録するようにしてくださいね。

COZUCHIが安全性の高い投資先と言われる3つのポイント!

COZUCHIが初心者にもおすすめの理由は、これまで元本割れしたことが一度もない安全性の高さです。

今回は、COZUCHIが安全性の高い投資先と言われる3つのポイント、

  • 優先劣後システムを採用している
  • 元本割れはこれまで一度もない
  • 累計投資額120億を超え

について解説します。

優先劣後システムを採用している

COZUCHIは、投資家保護のために優先劣後システムを採用しています。

優先劣後システムは、ファンドを組成するための資金総額の一部を運営会社が負担し、賃料や物件価格の下落による損失が出ても運営会社の負担部分から優先して損失に充当することで投資家の元本割れするリスクを低減するシステムです。

COZUCHIの運営会社であるLAETOLI株式会社は、ファンドによって総投資額の10%~60%の負担を行っています。

元本割れはこれまで一度もない

COZUCHIは、2019年7月に第1号ファンドの組成から2022年7月時点まで元本割れや分配金の減額はありません。

また、投資家保護の一環として、資産の保全を図る自己信託制度の採用やリーシングリスク(入居者が決まらない)が高いと判断した不動産についてはマスターリース契約の締結などを行っています。

累計投資額120億を超え

COZUCHIのファンド組成数は、他の不動産クラウドファンディングと比較しても多く毎月1~3本です。

2022年7月時点でCOZUCHIのファンド組成数は49件、投資総額は120億を越えています。

協力会社であるTRIAD株式会社から優良な不動産の仕入れを行い、不動産投資のプロとして運営会社のLAETOLI株式会社が資産運用を行うことで安全性の高いファンド組成を実現しています。

COZUCHIの公式サイトはこちら⇒

COZUCHIは初心者でも始めやすい3つの理由

COZUCHIは、様々な方法で投資家保護を行っているので初心者でも安心して投資ができます。

ここでは、COZUCHIは初心者でも始めやすい3つの理由、

  • 最短15分程度で投資が始められる
  • 小額から始められる
  • いつでも換金可能

について解説します。

最短15分程度で投資が始められる

COZUCHIは、パソコンやスマートフォンで簡単に口座開設ができます。

ホームページから会員登録、投資家登録を行います。

投資家登録には本人確認が必要です。

免許証やマイナンバーカードなど顔写真付きの身分証明書があれば最短15分で済みます。

小額から始められる

投資というとまとまった資金が必要だと考える人も多いと思いますが、COZUCHIの最低投資額は1万円です。

1万円であれば負担も少なく、小遣い程度で始めることができるので初心者でも手軽に購入できます。

いつでも換金可能

不動産クラウドファンディングには一定期間解約ができないケースも多いですが、COZUCHIはいつでも換金可能です。

投資中に現金が必要になった場合、投資家ページから換金申請するだけでいつでも簡単に換金できます。

ただし、換金手続きには事務手数料3~5.5%が必要になり、換金申請時の公正な価格での換金となる点は注意が必要です。

COZUCHIの運用ファンドをタイプ別に紹介!

COZUCHIは他の不動産クラウドファンディングにはないタイプの商品も多いです。

ここでは、COZUCHIの運用ファンド、

  • 事業用地
  • リゾート用地
  • 開発プロジェクト

とタイプ別に紹介します。

事業用地

COZUCHIは、東京都23区内の事業用地のファンドが多いです。

募集金額は2億円~3億円規模が中心ですが、2022年5月募集の代々木公園事業用地ファンドは36億円と非常に大きな規模のファンドの取り組みも行っています。

代々木公園事業ファンドは分配金想定利回り10%、運用期間12か月、運営会社の劣後部分の出資は22.6%となっています。

リゾート用地

COZUCHIでは、静岡県の伊豆半島などのリゾート用地にも投資を行っています。

リゾート用地の取扱いは少ないですが人気が高く、2022年7月募集の伊東市川奈リゾート開発用地は応募率442%です。

伊東市川奈リゾートは、募集金額2億5千万円、分配金想定利回り8%、運用期間12か月、運用会社の劣後部分の出資は24.2%となっています。

開発プロジェクト

COZUCHIには、東京都心やリゾート地、リニアなどの開発プロジェクトもあります。

プロジェクトには、東京都心部は虎ノ門再開発プロジェクト、リゾート地は稲村ケ崎開発プロジェクト、リニア開発プロジェクトなどがあります。

リニア開発プロジェクトは、募集金額6億7,500万円、運用期間12か月、分配金想定利回りは7.5%、運用会社の劣後部分の出資は10%です。

COZUCHIの公式サイトはこちら⇒

まとめ

COZUCHIは、事業用地やリゾート用地、開発プロジェクトなど様々な不動産に投資を行っている不動産クラウドファンディングです。

優先劣後システムや自己信託制度の採用、マスターリース契約の締結など、投資家保護の施策を取っており、安全性が高いので安心して投資が出来ます。

投資家登録も簡単で1万円から購入ができるので初心者にもおすすめです。

これから投資を始めようと考えている人は、COZUCHIを検討してみてはいかがでしょうか。

また2022年8月現在、COZUCHIは下記2つのキャンペーンを実施しています。

  1. 無料の投資家登録でAmazonギフト券2,000円分プレゼント(※当サイト限定キャンペーン)
  2. 期限内の投資家登録&10万円以上の投資で最大30万円分のAmazonギフト券プレゼント

1のキャンペーンに関しては当サイト経由で申し込みをしないと適用されず、直接公式サイトから申し込んでしまうと適用外になるので注意してください。

 

公式サイトを見ても1番のキャンペーンに関しての詳細は記載されていませんが、キャンペーンの詳細についてまとめられたページがあるので、気になる人はチェックしておいてください。

1番のキャンペーンの詳細ページはこちら⇨

過去のCOZUCHIのキャンペーンの中でも最大規模の還元額なので、興味を持っている人はぜひこの機会に投資家登録を済ませておくことをおすすめします。

1番のキャンペーンを適用させたい方は、必ず下記の緑色のボタン経由で登録するようにしてくださいね。