みんなで大家さんに確定申告は必要?節税になる?不動産投資家がわかりやすく解説

みんなで大家さんという投資が有名ですよね。

一口100万円から不動産投資ができて、運営会社に丸投げでも運用ができてしまいます。

これまで14年間損が出ていないサービスですので、みんなで大家さんに投資した人は全員儲かっていることになります。

それでは儲かっている場合、税金はどうなるのでしょうか?

ここでは税金について解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

みんなで大家さんの公式サイトはこちら⇒

★平均利回り10%以上の人気投資「COZUCHI」がアツい!★

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。

みんなで大家さんに税金はかかる

先ずみんなで大家さんの利益に税金がかかるのかどうかですが、税金は払う必要があります。

ただし利益を自分で計算して税金を払う前に、分配の段階で源泉徴収されています。

みんなで大家さんでは源泉徴収分の税金が引かれた状態で分配金を受け取る形となります。

みんなで大家さんで確定申告が必要な場合

みんなで大家さんでは利益から源泉徴収されていると伝えました。

しかしだからと言って確定申告が絶対不要というわけではありません。

ここでは源泉徴収されていても確定申告が必要な場合を紹介します。

雑所得20万円以上で確定申告(源泉徴収されていても)

みんなで大家さんの利益は雑所得となります。

そのため雑所得の合計が20万円以上の場合、確定申告が必要となります。

みんなで大家さんだけで20万円以上の利益なら当然ですが、他に雑所得がある場合は合算となるため注意してください。

確定申告と年末調整は異なる

サラリーマンの方は確定申告に馴染みがない場合もありますよね。

年末に会社がやってくれる年末調整とは異なりますので注意してください。

みんなで大家さんは節税できる?

みんなで大家さんは不動産に投資をするサービスです。

そのため不動産ならば節税できるのでは?と思う方もいるかもしれませんよね。

ここではみんなで大家さんと節税について紹介します。

みんなで大家さんは節税には不向き

結論から言うと、みんなで大家さんは節税に不向きです。

従来の不動産投資で使える節税が使えないためです。

みんなで大家さんは不動産小口化商品ですので、実際に不動産を所有するわけではありません。

そうは言っても節税メリット以上に簡単さという大きなメリットがあるため、ほとんどの方にはほったらかし投資ができる間違いない利点はありますよね。

みんなで大家さんの雑所得の節税はおすすめできない

念のためお伝えしておくと、みんなで大家さんは雑所得であり、雑所得についても節税が何もできないわけではありません。

例えば事業による雑所得がある場合、その事業にかかったものは経費にできる可能性はあります。

ただし税理士に頼めば税理士の費用が発生してしまいますし、個人で勝手に経費計上して税務署に目を付けられる方が怖いですよね。

さらにはみんなで大家さんは不動産小口化商品ですので、ほったらかしで運用できますし、経費はほぼ何もかからないわけです。

みんなで大家さんで無理やり節税しようとすると別のトラブルが発生するリスクがありますので、節税という点は考えない方がおすすめできると言えます。

みんなで大家さんは何口で確定申告必要?シミュレーションを紹介

みんなで大家さんで確定申告が必要になるケースを紹介しました。

それでは具体的に、みんなで大家さんは何口までは不要で、何口からは確定申告が必要なのでしょうか。

シミュレーションを紹介します。

みんなで大家さんは3口から確定申告の可能性

みんなで大家さんの予定利回りを7%としましょう。

2口の投資ならば200万円ですので、年間利益は14万円となります。

3口ならば300万円ですので年間利益は21万円となります。

そのため3口投資をしている方は確定申告が必要になる可能性が高いです。

実際の年間利益を確認する

あくまでシミュレーションですので、3口投資をしていても不要な場合があります。

みんなで大家さんは利益を日割りで計算していますので、一年間フルで3口投資した場合は20万円を超えるかもしれませんが、年の途中から始めた方や途中増額した方は不要かもしれませんよね。

必ず自分自身の年間利益をチェックしてみましょう。

みんなで大家さんは税金のかからないキャンペーンもおすすめ

みんなで大家さんはキャンペーンを実施しています。

高い利回りに加えてギフトカードがもらえるため大変お得です。

詳しく見てみましょう。

1口16,000円分のギフトカードがもらえる

写真は実際に筆者が資料請求して受け取った情報です。

このように今なら1口16,000円分のギフトカードがもらえます。

初めて投資の方はさらに2,000円分追加

さらに初めて投資する方は2,000円分追加してもらえるようです。

1口につきですので非常にお得ですよね。

実際にギフトカードを受け取ったらぜひ共有します。

まとめ

話題のみんなで大家さんですが、利益から税金は払う必要があります。

すでに源泉徴収されて分配されますが、雑所得が20万円以上の方は確定申告が必要です。

また従来の不動産で可能な節税はできません。

税金もぜひ理解して投資することをおすすめします。

みんなで大家さんの公式サイトはこちら⇒

★平均利回り10%以上の人気投資「COZUCHI」がアツい!★

1万円の少額からでも不動産投資ができる「不動産投資クラウドファンディング」が大人気です。

業界の盛り上がりもあいまって、2022年8月時点では40社以上の事業者が参入しています。

数ある事業者の中でも筆者が最もおすすめしたいのが、LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。 

COZUCHIの魅力は、なんといっても利回り10%を超える高利回りファンドが多数組成されている点です。

一般的な不動産クラウドファンディングは4〜5%程度の利回りが多いため、どれだけ条件がいいかわかっていただけると思います。

他にも、COZUCHIには下記のようなメリットがあります。

  • プロが選定した不動産に共同で投資ができる
  • ほったらかしで1万円の少額から気軽に投資できる
  • 運用期間中もいつでも換金できる
  • これまで配当の遅延や元本棄損ゼロ

少額かつ高利回りの投資を検討している人にとっては、COZUCHIはまず押さえておくべき投資先といえるでしょう。

またCOZUCHIは2022年8月現在、最大30万円分のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

投資家登録後、10万円以上の投資で投資額の1%のAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンで、2022年7月5日〜8月31日まで実施されています。

COZUCHIのこれまでのキャンペーンでも最大規模の還元額なので、ぜひこの機会に無料の投資家登録をしてみてください。