財務強化対策(資金繰り強化)


経営環境の変化のスピードが速い昨今では、直近は利益が出ていたとしても3年・5年先はどうなるかわからない、という先行きへの不安を抱える企業が多くなっています。
このような場合、保険料の損金性が高く、かつ戻り率の高い保険を活用することで、業績好調時の余剰資金を業績悪化時に向けて効果的に備えることが可能となります。
生命保険として経営者に万が一があった場合の保障を準備するのはもちろんのこと、業績好調時には保険料の損金性により利益額を圧縮し、節税効果を得ることができます。
一方、支払った保険料の一定割合は保険会社に積み立てられるため、経営状態が悪化した場合には、それまでに保険会社に積み立てられた解約返戻金を活用することで、経営の安定化に活用することができます。

財務強化対策のための保険加入例


課税所得2,000万円の法人が保険料全損タイプの保険に年払保険料500万円のプランで加入した場合
業績が悪化した年には、それまでに支払った保険料に対して保険会社で積み立てられた解約返戻金を活用することにより、経
営および企業の財務を安定化させることが可能です。
なお、解約返戻金の活用方法には減額や解約、契約者貸付の利用等様々な選択肢があるので、状況に応じて適切な方法を取
る必要があります。

目的別 法人保険の活用方法