仮想通貨を売りどきはいつ?売るタイミングや換金方法を解説

2024年はビットコインの半減期であり、仮想通貨市場が盛り上がりを見せています。3月にはビットコインの価格が、1,000万円を超えたことにより、仮想通貨に興味を抱いている方も多いことでしょう。

仮想通貨は従来の投資に比べてボラティリティが大きく、市場が不安定であるため、売買タイミングの見極めが重要です。特に、利益を確定するための売るタイミングの見極めが求められます。

しかし、仮想通貨の市場は予測が難しく、リスクも高いので、なにも調査をせずになんとなくで売ってしまうと損失が生まれてしまうかもしれません。そのため、取引戦略を立てる際には慎重に分析することが大切です。

本記事では、仮想通貨を売るタイミングの見極め方や、重要なポイントについて詳しく解説していきます。

仮想通貨を売るタイミングを考えたくないけど、ビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨を運用したい方は、ビットレンディングがおすすめです。

ビットレンディングはほったらかしで年利10%で主要な仮想通貨を運用できるので、仮想通貨の売るタイミングに迷っている方の利用に向いています。

ビットレンディングの記事紹介

仮想通貨を売るタイミング

仮想通貨に興味はあるけど、いつ売れば良いかわからず購入する勇気が出ない方も多くいるかと思います。

この章では仮想通貨を売るタイミングについて解説しますので、参考にしてください。

価格が高騰したとき

仮想通貨を売るタイミングは、価格が高騰したときです。仮想通貨の価格が高騰したときに、できるだけ天井価格で売りたいと考えるかもしれませんが、天井価格を見極めるのは極めて難しいといえます。

理由として、価格が高騰したときでもきれいな右肩上がりで上昇するだけでなく、下落相場も入りながら上昇していくからです。また、まだ上がるかもしれないと思い売らずにいると、下降トレンドに入っていくこともあります。

そのため、高騰したときにできるだけ価格が上がった状態で売りたいと考えていると、売る機会を逃すかもしれません。ある程度価格が高騰したタイミングで売りに出しておけば、その分の利益は得られます。

目標設定金額に到達したとき

仮想通貨を売って利益を確定する際には、相場の動向を読むだけでなく、自身の取引ルールを定めることが重要です。

上昇トレンド中には、感情に流されず冷静な判断が求められます。価格が上昇し続けるという期待感から、前述した「価格が高騰したとき」では、売るタイミングの判断が難しく、機会を逃してしまうかもしれません。

そのため、「1BTC=1,500万円まで上がったら売る」のようなルールをあらかじめ作っておくと機会損失がなくなります。

また、取引時間に関しても、特定の曜日や相場が静かな時期に売却することで、利益を確定しやすくなります。感情に左右されない取引ルールを設けることで、利益を確実に確保することができるので、意識してみてください。

損失が大きくなりそうなとき

仮想通貨を売るタイミングは、利益が得られる機会だけでなく、損失が大きくなりそうなときもあります。

投資をする前にあらかじめ損失の上限を設定し、そのラインを下回った場合に投資を売却する方法を「損切り」と呼びます。

仮想通貨の価格が下落しているときに、「まだ上昇するかもしれない」と期待して売却しないと、損失が拡大してしまうかもしれません。だからこそ、損切りラインを設定しておくことで、被害を最小限に抑えられます。

特に短期売買をする方は、損切りラインを事前に設定することがおすすめです。

ただし、長期的な目線での投資をしている方は、損切りラインを強気に設定しておき、多少の下落では売らずに持ち続けるようにしましょう。

テクニカル分析で見極めたとき

仮想通貨を売るタイミングは、テクニカル分析で見極められます。

テクニカル分析は、チャートの過去の動きを分析し、将来の価格の動向を予測する手法です。価格の方向性を把握するために使用されます。

これには「トレンド系」と呼ばれる指標や、「オシレーター系」と呼ばれる指標が含まれています。

例えば、価格が上昇している場合、「レジスタンスライン(高値のメドを示すライン)」で価格が反落する可能性が高いときは、その前に売却するという戦略をたてられるでしょう。

テクニカル分析には多くの指標がありますが、それぞれが売りのシグナルなどを示唆しています。自身に合った指標や手法を試しながら、適切なタイミングを見極めていきましょう。

重要なニュースがでたとき

仮想通貨を換金するタイミングを判断する際には、ビットコインや投資している通貨にまつわる最新のニュースを注視することが肝要です。

仮想通貨の価格は、ニュースの影響を強く受ける傾向があります。良いニュースが出れば価格は上昇し、悪いニュースが報じられると急落する可能性が高まります。

例えば、2024年3月にニットコインは1,000万円を突破しました。その背景にはビットコインETFが承認されたというニュースの影響があります。このようなポジティブなニュースが出ると、仮想通貨の価格に良い影響を与えます。

一方で、ネガティブなニュースが突然出ることもあり、価格が急落することもあります。ただし、ネガティブなニュースでも、仮想通貨の規制に関する動きはある程度予測できるので、各国の仮想通貨に対する動向は注目しておきましょう。

仮想通貨の投資はチャートを予測するだけでなく、仮想通貨に関するニュースを注意深くチェックすることが必要だといえます。

仮想通貨の売り方

続いては、実際に仮想通貨をどのように売るのかについてです。仮想通貨の売り方には、コインチェックのような仮想通貨交換業者を利用して行います。

その中に「販売所」「取引所」といった取引手段があり、利用方法が異なります。ここでは2つのメリット・デメリットを解説していくので、参考にしてください。

販売所を利用する

販売所はユーザーと仮想通貨交換業者間で取引を行う方法です。

販売所のメリットは取引が非常に簡単であるため、初心者でも利用しやすい点です。販売所が提示する仮想通貨を選び、購入・売却も同様で、確実に取引が完了し、複雑な手順や操作は必要ありません。

購入や売却の際には、「買い」または「売り」を選択するだけで注文が完了し、スマートフォンやタブレットからもスムーズに取引が行えます。

一方で販売所のデメリットは、利益を上げることが難しい点です。販売所はスプレッド(買値と売値の価格差)が大きく、買値が売値を上回るまでに時間がかかります。

スプレッドの差額が大きいと、取引回数が増えるほどコストがかかるため、取引金額や回数について慎重に考える必要があります。

難しい操作をしたくない方や、確実に取引を完了させたい方、そこまで大きな金額を投資していない方は販売所を利用しても問題ありません。ただし、取引回数が複数になる方や、損失を少しでも減らしたい方は、以下で紹介する取引所を利用しましょう。

取引所を利用する

取引所はユーザー同士で仮想通貨の交換を行う取引方法です。ユーザー同士の取引ではありますが、仮想通貨交換業者が用意する「取引板」を介して取引を行います。

ユーザー同士での取引となるため、仮想通貨交換業者と取引を行う「販売所」よりも手数料が安く抑えられます。また、無料の取引所を選べば手数料の負担はありません。

取引所を利用するデメリットは、希望の金額や数量で取引が成立しない場合があります。条件に合う相手が不在ならば、取引が行えず、初心者にとってはやや複雑に感じるかもしれません。

取引所での売買方法は、「指値注文」「成行注文」の2つがあります。指値注文は希望の価格を指定して取引を行う方法で、成行注文は市場価格で即座に取引が成立する方法です。

指値注文を利用すれば、相場感に合わせて購入・売却のタイミングをコントロールできます。一方、成行注文は市場が急変する際に便利で、すぐに取引を行いたいときに適しています。

仮想通貨の取引を今後もしていきたいと考えている方は、多少複雑ではありますが、取引所での取引を覚えましょう。

仮想通貨を売るときの注意点

続いては仮想通貨を売るときの注意点を紹介します。注意点を理解しておかないと、日常生活に支障をきたすかもしれません。

焦って売らないようにする

仮想通貨取引においてチャートの急激な変動にパニックを起こし、慌てて資産を売却してしまうことを「狼狽売り」と呼びます。仮想通貨を売るタイミングを見極めるときには、狼狽売りをしないことが大切です。

仮想通貨市場では、ボラティリティが大きく価格が急激に変動することがよくあります。1日で価格が10%以上上下することも日常茶飯事です。ただし、長期的に見ればビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨は、暴落を乗り越えながら市場規模を拡大しています。

そのため、暴落が起きたとしてもすぐに売らずに保持することで、含み損が含み益に変わるかもしれません。

投資では一般的に「損切りが重要」と言われます。ただし、仮想通貨市場はまだ発展途上であり、含み損が出てもすぐに売らずに持ち続けることが、中長期的には利益に繋がる可能性もあります。

仮想通貨取引に不慣れな初心者は、急激な価格変動に耐えられずに狼狽売りしてしまうことがあるので、注意しましょう。

税金がかかる

仮想通貨で20万円以上の利益が出た場合は、税金がかかります。また、仮想通貨は利確をしたタイミング以外にも課税されるので注意が必要です。仮想通貨が課税されるタイミングは、以下のとおりです。

  • 売買で利益を得たとき
  • 仮想通貨で支払いをしたとき
  • 仮想通貨で他の仮想通貨を購入したとき
  • マイニングやステーキングなどの収益を得たとき

課税タイミングでは利確したときだけかと思われがちですが、その限りではありません。

例えば、ビットコインでピザを購入した場合にも課税されます。ピザを購入するときのビットコインの価格で一度売却したと判断されるため、ビットコイン購入時と支払い時の価格差が利益として考えられるからです。

また、ビットコインを使いイーサリアムなどの別の仮想通貨を購入した場合も、同じような考え方になります。

一方で、仮想通貨を購入し、ただ保有しているだけでは課税されないので、購入してから特に操作せず長期保有している方は安心してください。

投資は余剰資金で行う

仮想通貨に限らず投資は、余剰資金で始めるべきです。失っても生活に支障が出ない程度のお金を使うべきだといえます。

生活費などを仮想通貨に投資すると、損失が生まれた場合に、心理的な負担が増えて、冷静に市場を見ることが難しくなります。

例えば、10万円の余剰資金から1万円だけを仮想通貨に投入した場合、大きな損失が出てもそれほど負担にはなりません。

また、価格の変動が激しいので、感情的にならずに冷静に対処することが重要です。仮想通貨に投資する場合は、日常の生活費や貯金は使わないようにしましょう。

仮想通貨初心者のおすすめ運用方法

売るタイミングの判断が難しい仮想通貨初心者でもできる、おすすめの運用方法を紹介します。

積立投資

仮想通貨の積立投資とは、毎月一定額のお金を積み立て、希望の金額に達するまで続ける投資方法です。

基本的に銀行口座から自動引き落としができるので、購入のタイミングを気にする必要がありません。

積立投資は価格が高いときは少ししか買わず、安いときはたくさん買うので、リスクを分散しつつ長期的に投資したい人に適しています。定期的に一定額の仮想通貨を購入していくイメージで、この方法は「ドル・コスト平均法」と呼ばれます。

相場の動きに左右されず、毎月同じ金額で購入できるので、高値で買うことを避けられ、低い価格でたくさん買うことが可能です。

目標設定金額をあらかじめ決めておき、コツコツと積み立てて、利益を得るタイミングを待つ投資法のため、初心者におすすめです。

中長期投資(ガチホ)

長期間にわたって仮想通貨を売却せずに、将来の成長を信じて資産を持ち続ける投資手法を「ガチホ」と呼びます。仮想通貨は価格変動が激しいですが、長期的に見れば価格が上昇する可能性があります。

初心者は短期の利益を追求する傾向にありますが、この考え方は危険です。短期の取引では、チャートの分析や時間の制約があるため、初心者には難しい側面があります。

一方、中長期の運用では、売買回数が少なく、相場の変動をじっくり観察できます。価格が下落した際には安価に購入するチャンスもあり、損失を最小限に抑えることが可能です。

また、取引回数が少ないため、手数料の負担も軽減されます。総合的に見て、中長期の運用は安定した投資方法といえるでしょう。

レンディング

仮想通貨初心者におすすめな運用方法はレンディングです。レンディングは保有している仮想通貨を第三者に貸し付け、利子や賃借料を得る仕組みです。

レンディングでは仮想通貨を貸し出すだけなので、売るタイミングを意識せずに保有できます。また、返還を求めない限り仮想通貨を手元に戻せないので、ガチホと同じ状況になります。

従来の仮想通貨投資では売らない限り利益を得られませんでしたが、貸しているだけで仮想通貨が増えていくので、初心者におすすめな運用方法です。貸し付けに関しても専門的な知識は不要なので、手軽に利用できます。

レンディングができるサービスはさまざまありますが、なかでもビットレンディングがおすすめです。ビットレンディングは年利10%を狙えるため、高年利で運用できます。

ビットレンディングについて詳しくしたい方は、下記記事を参考にしてください。

ビットレンディングの記事紹介

まとめ

仮想通貨の売るタイミングを紹介してきましたが、内容をおさらいしておきましょう。

  • 価格が高騰したタイミングで売る
  • 投資する前にあらかじめ目標金額を決めておき到達したときに売る
  • 損切りラインを決めておきその価格を下回りそうなときに売る
  • 重要なニュースがでて価格が大きく動いたときに売る
  • テクニカル分析でタイミングを見極めたときに売る

仮想通貨を売るときは上記のタイミングを参考にしてください。

ただし、仮想通貨はまだ発展途上なので、長期保有することで最大限の利益を期待できます。特に初心者の方は、短期的な利益を狙うのではなく、余剰資金を用いて長期的な投資を行うことで、損失の機会を減らせます。