仮想通貨にはなぜ価値があるのか?勝ちの決まり方や値動きの要因を紹介

仮想通貨はその仕組みや機能が多くのユーザーに支持されています。

初めは仮想通貨は株式や債券と違って、実用性がない金融商品と見なされていました。そのため、多くの人は投資するリスクが高いと感じていました。

しかし、現在では仮想通貨市場の時価総額が、一時Appleの時価総額と同じくらいまで上がるほど、価値のある金融商品とされています。

本記事では、なぜ仮想通貨に価値があるのか、そして価格が上昇・下落する要因を説明します。この記事を読むと、仮想通貨がなぜ価値があるのか、大衆にはまだ広まっていない理由、そして今後投資するべきかどうかが理解できるでしょう。

仮想通貨をほったらかしで運用したいならビットレンディングの利用がおすすめです。ビットレンディングは年利10%程度で、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨を運用できます。

ビットレンディングが気になる方は、下記記事を参考にしてください。

ビットレンディングの記事

仮想通貨の仕組み

仮想通貨にはなぜ価値があるのかを説明する前に、そもそも仮想通貨とはどのような仕組みなのか説明します。

仮想通貨は、通常の法定通貨とは異なる特性を持っています。最も大きな違いは、中央集権的な管理者が存在しないことです。

法定通貨では、国家や銀行などの中央機関が管理していますが、仮想通貨ではユーザー同士が直接取引できるピア・トゥー・ピア(P2P)の仕組みを採用しています。そのため、仲介手数料などが発生せず、管理は分散的に行われている仕組みです。

また、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンは、インターネット上の分散型データ管理技術として注目を集めています。ブロックチェーンは、データをブロックと呼ばれる塊に格納し、それらを鎖のようにつなげて保管する仕組みです。

各ブロックには暗号データの連続性があり、改ざん耐性を高めています。この分散ネットワークにより、単一コンピューターの障害でもネットワークが維持されます。

仮想通貨はブロックチェーンネットワークを通じて流通し、いつでも安全かつ正確な取引が可能です。

仮想通貨にはなぜ価値があるのか

続いては仮想通貨には、なぜ価値があるのか解説します。仮想通貨に限らずお金がどのような側面を持っているのか深掘りして説明していきます。

通貨として3つの機能を持っているから

通貨には主に「交換」「尺度」「貯蔵」という3つの重要な機能があります。仮想通貨もこれらの機能を持っているため、価値がついているのです。

以下の3つのポイントに分けて解説します。

  • 交換:仮想通貨を使って物やサービスを購入できる
  • 尺度:仮想通貨は商品の値段をビットコインや他の仮想通貨で表示できる
  • 貯蔵:将来のために仮想通貨を貯めておいて、値上がりしたときに使える

仮想通貨はこの3つの機能をすでに持っているので、多くの人が利用し始め、その結果として価値が上がっています。投資家が注目する理由もここにあるのです。

多くのユーザーが使用しているから

通貨には「交換」「尺度」「貯蔵」の3つの機能がありますが、それだけでは価値が上下しません。一方、仮想通貨はその仕組みや機能が多くのユーザーに支持されているため、価値がついているのです。

代表的な仮想通貨を紹介すると、以下のような特徴があります。

  • ビットコイン (BTC):法定通貨の価値が低い国々で、価値の貯蔵手段として使われている。最初の仮想通貨なので価値が高い
  • イーサリアム (ETH):ブロックチェーン技術を使って、既存の金融システムを改善できる
  • リップル (XRP):既存の送金システムを効率化できる

これらの仮想通貨は、実用的な仕組みや機能がユーザーに支持されているため、売買が活発に行われ、価格がついています。

反対に、機能が優秀でなくユーザーに使われていない仮想通貨は、価値が全くついていません。

仮想通貨の価値が上昇する要因

続いては仮想通貨の価値が上昇する要因について解説します。無形であるはずの仮想通貨の価値が、なぜ上昇するか説明していきます。

将来的に成長が見込まれているから

仮想通貨はこれまで大幅な価格上昇を繰り返してきました。そしてまだまだ将来的に成長が見込まれているため、価格が上昇すると考えられています。

例えば、仮想通貨の普及を期待させるニュースが流れると、「今後もっと買う人が増えるだろう」と考える人が多くなり、価格が上がることがあります。また、仮想通貨で決済できる飲食店や小売店が増えると、それだけ需要が増して価格が上がることも考えられるでしょう。

さらに、投資対象として暗号資産に将来性を感じる人が増え、取引を始める人が多くなると、需要が拡大して価格が上昇することもあります。

決済手段として普及するから

仮想通貨が法定通貨や決済手段として広がれば、その需要に応じて自然と売買が活発化し、価格が上下します。

例えば、エルサルバドルは2021年にビットコインを法定通貨として採用しました。この事例は、自国通貨の価値が低い国々でも、ビットコインが信頼され、実際に法定通貨として利用され得ることを示しています。

他にも、リップル(XRP)は従来の国際送金システムであるSWIFTに代わる手段として注目されています。SWIFTは高額な手数料がかかりますが、リップルを使うと送金コストが大幅に削減されるため、多くの金融機関で利用されており、人気の高い通貨です。

このように、仮想通貨が実用的な決済手段として受け入れられることで、需要が増し、価格にも影響が及びます。

資産の分散先として期待されているから

投資の基本は分散することだと、金融庁も推奨しています。近年、仮想通貨も資産の一部として分散投資に組み込まれることが増えてきました。

ただし、仮想通貨は他の金融商品に比べて価格変動が激しいため、ポートフォリオの中では1〜5%程度に留めるのが安全です。

また、仮想通貨市場はビットコインの動向に大きく左右される傾向があります。そのため、仮想通貨同士の分散投資は限界があり、ビットコインの影響を受けにくい銘柄を選ぶことを意識しましょう。

供給量が減り希少性が上がるから

仮想通貨には「バーン」という仕組みがあります。仮想通貨のバーンとは、発行体が市場から特定の通貨を永久に削除することです。流通量が減ると供給が減少するため、価格は上昇しやすくなります。

例えば、2019年11月にステラルーメン(XLM)が総供給量の約半分である550億トークンをバーンした際、価格は約20%急騰しました。

また、イーサリアムもバーンを採用し始めており、今後は発行量よりも減少量が多くなるデフレ状態になる可能性があります。これにより、イーサリアムはビットコインを超える可能性もあると言われています。

法定通貨の危機による需要増加が起こるから

通貨には通貨危機というような、状態が起こることがあります。通貨危機とは、経済が不安定な国で自国の法定通貨が急激に価値を失うことです。

こうした状況では、国民は自国通貨のさらなる価値の下落を恐れ、資産を守るためにドルや暗号資産に交換する動きが増えます。

例えば、2019年11月、アルゼンチンではペソが急落し、国民がビットコインを買い求めた結果、ビットコインの価格が他国の取引所より32%も高い「1BTC=約1万2,300ドル」となりました。

ただし、通貨危機による暗号資産の価値上昇はその国だけで見られる現象で、他国では価格変動の影響は少ないことが多いです。

仮想通貨取引所に上場したから

仮想通貨の銘柄が大手取引所に上場すると、その価格が上昇しやすくなります。理由は以下の通りです。

  • 流動性の向上
  • 知名度の向上

大手取引所には多くのユーザーがいるため、取引量が増えて流動性が高まります。これにより、売買が活発になり、価格が上昇しやすくなるでしょう。

また、大手取引所に上場すると、その暗号資産の認知度が一気に上がります。多くの投資家が注目し、需要が増えることで価格が上がる傾向があります。

例えば、2019年6月にある暗号資産が大手取引所に上場した際、その価格が急上昇しました。これは、大手取引所への上場が投資家にとって信頼の証となり、新たな資金が流入するためです。

国際送金での手数料が抑えられるから

国際送金が必要な場合、仮想通貨を利用すると手数料が法定通貨よりも安くなります。

法定通貨の送金手数料が高額であるため、仮想通貨を使うことでその負担を軽減できます。また、仮想通貨の送金はインターネット上で行われるため、国境を越えた送金も簡単です。

これにより、国際送金の手続きが簡素化され、迅速かつコスト効率が向上します。なかでも、リップル(XRP)は、送金に特化した仮想通貨です。

国際送金の問題を解決するために生まれた仮想通貨であり、その特長は国際送金において際立っています。リップルの送金速度はわずか3.3秒と、ビットコインの10〜40分に比べて格段に速いです。

さらに、この高速な送金はわずか数十円の手数料で行われるため、驚くべき利点があります。これにより、国際送金が迅速かつコスト効率よく行われることが可能となります。

仮想通貨の価格変動が大きい理由

仮想通貨はボラティリティが大きく、価格が安定しないイメージを持っている人も多いでしょう。ここからは、仮想通貨の価格変動が大きい理由を説明します。

流動性が低いから

仮想通貨の取引に携わる投資家は、注文を入れたらすぐに取引が成立することを期待しています。しかし、それにはマーケットでの活発な取引が不可欠です。

取引量が不足している場合、投資家は希望する価格での取引相手を見つけられず、価格を調整せざるを得ないでしょう。

流動性とは、仮想通貨が安定して取引できる度合いを示します。流動性が高いほど、投資家はスムーズに取引を行えます。

しかし、仮想通貨市場はまだ株やFXに比べて取引量が少ないため、流動性が不十分です。そのため、大口取引が発生するとすぐに価格に影響が出てしまい、大きな価格変動が生じる可能性があります。

この問題を解決するため、分散型取引所(DEX)では、イールドファーミングや流動性マイニングなどの手法を用いて、流動性を確保し、流動性提供者に報酬を提供しています。

1日の値動きの上限がないから

株式投資には1日の株価の変動に制限があり「値幅制限」と呼ばれ、株価が一定の範囲内でしか動かないようにします。

また、株価が上限まで急騰することを「ストップ高」といい、逆に下限まで急落することを「ストップ安」と呼びます。これによって、株式市場では過度な価格変動を防ぎ、投資家をリスクから守ることが可能です。

一方、仮想通貨市場にはこのような制限がなく、1日の価格変動に上限が設けられていません。そのため、株式市場よりも大幅な価格変動が起こりやすい傾向があります。

市場が成熟していないから

仮想通貨市場は急速に成長していますが、まだ発展途上です。このため、株やFXのような確立された取引戦略がなく、投資家は取引方法を試行錯誤しています。

さらに、ブロックチェーンゲームやNFTの登場により、仮想通貨は単なる投資だけでなく、コンテンツとしても注目されています。これにより、初心者が多く参入し、プロのトレーダーが少ないため、市場はセオリーが不十分で価格が不安定です。

近年では、機関投資家や先物市場、オプション市場が登場し、プロの投資家も市場に参入しやすくなったため、市場の成長が期待できるでしょう。

法整備が完全ではないから

仮想通貨市場は近年、急速な成長と普及を遂げていますが、規制や制度整備がそれに追いついていない状況です。

良いニュースが出ると価格が上がり、逆に不利なニュースが報道されると価格が下がる傾向があります。このため、仮想通貨の価格は常に不安定であり、世界各国が規制について模索していることもその一因です。

この状況下では、投資家やトレーダーは市場の動向に敏感に反応し、リスク管理を重視する必要があります。また、未来の規制や制度改革に対する議論やニュースも市場の価格に大きな影響を与えることを考慮する必要があります。

仮想通貨を運用する方法

ここまで仮想通貨になぜ価値がつき、価値が変動するのかについて説明しました。

ここからはボラティリティが大きい仮想通貨を、初心者でも扱いやすい運用方法を紹介します。

長期保有

長期保有は日中忙しい方でも、手軽に取り組める投資方法です。

短期取引と違い、売買の手続きが少ないため、チャートやニュースの頻繁なチェックが不必要です。また、短期売買による損益に神経をすり減らす必要もありません。

他のメリットとして、長期保有は手数料も抑えられます。売買頻度が低いため、取引手数料に対する意識も低くなります。

さらに、専門知識を必要とせず、将来性のある銘柄を選ぶだけで良いので、初心者にもおすすめです。長期保有は少額からでも始めやすく、日々の値動きに左右されず、時間の経過とともに利益を伸ばせます。

これにより、取引にプレッシャーを感じることなく、気軽に投資を行うことができるでしょう。

積立投資

仮想通貨の積立投資は、定期的に一定額の資金を投入し、長期間にわたって資産を構築する方法です。これは、貴金属や投資信託の積立と同様の考え方で、毎月一定の金額を投じることで、購入タイミングや手続きの煩わしさを排除します。

この方法では、仮想通貨の価格が高いときには少量、価格が安いときには多量を購入するため、リスクを分散しながら長期的な成長を目指せます。積立投資は、毎月一定の金額で仮想通貨を定期的に購入するイメージであり、価格変動に左右されずに安定して資産を増やしていくことが可能です。

この投資手法では、ドル・コスト平均法を採用しています。これにより、市場の変動に左右されずに穏やかに投資を進められます。短期的なリターンを追求するのではなく、着実に資産を築いていける投資方法です。

レンディング

仮想通貨の投資には、専門知識や複雑なチャート分析が必要な場合がありますが、レンディングはそうした知識が不要な利点があります。

通常の投資では「安く買って高く売る」が基本ですが、仮想通貨の市場は非常に変動が激しいため、初心者にとって売買タイミングを見極めるのは難しいです。しかし、レンディングは取引所を通じて資金を預けるだけで、その他の煩わしい作業は必要ありません。

チャート分析や市場トレンドの理解も必要ないので、「どのように始めれば良いか分からない」という方にもおすすめです。

また、銀行預金よりも高い金利が魅力的な点もあります。銀行の利率が低い中、レンディングではより高い利率が期待できます。

さらに、自分で取引せずに資産を増やせる点もメリットです。取引に関わるストレスや時間が不要で、安定的に資産を増やせるので、忙しい人やリスクを避けたい人にも最適です。

なかでもビットレンディングを利用すると年利10%で、安定感のある仮想通貨銘柄の運用ができます。ビットレンディングに興味がある方は下記の記事を参照してください。

「ビットレンディング販促記事」

まとめ

仮想通貨の価値がなぜ存在するのか、その要因について説明しました。仮想通貨は通貨として、「交換」「尺度」「貯蔵」といった3つの機能を持っているため、価値を持っていると考えられています。

また、多くのユーザーが価値を感じて使用していることにより、価格がついて変動を行っています。

仮想通貨には「供給量が減る」「法定通貨の危機による需要増加が起こる」など、従来の通貨や金融商品とは異なる価値を持っている通貨です。

多くの投資家やユーザーが新しい通貨であることに対して価値を支持しており、今後も成長し続ける可能性がある市場だといえます。