2018/4の記事まとめ

catch-img

妻が受取人の終身保険… もし離婚したら受取人はどうするべき?

既婚者の場合、終身保険の加入者の多くが、配偶者を死亡保険金の受取人にしています。ですから、夫が契約者、被保険者の場合は妻が受取人になっていることがほとんどです。それは、終身保険が残された家族の生活を支えるためのものだからなのですが、離婚した場合はその前提条件が変わってしまいます。では、離婚したときにはどうすればよいのでしょうか。この記事では、終身保険の保険金受取人を妻にしている男性を対象に、万が一離婚した場合の対応方法について解説します。

記事を見る

catch-img

終身保険の受取人が兄弟の場合に気をつけたいポイントとは

終身保険の加入を考えている人のなかには、死亡保険金の受取人を兄弟にしようと思っている人もいることでしょう。自分に万が一のことがあったときに世話になる可能性が高い人を保険金の受取人にすることはよくあります。しかし、兄弟を死亡保険金の受取人にするためには、一定の条件を満たしていることが必要です。では、どのような条件が必要なのでしょうか。この記事では、終身保険の加入を考えている人を対象に、兄弟が死亡保険金の受取人として認められるのはどのようなシチュエーションなのかを解説します。

記事を見る

catch-img

結婚したら受取人変更を! 終身保険の受取人を親にしたままはNG?

独身で終身保険に加入した人は、結婚が決まったら保険の見直しが必要になります。どのような保障がどれくらい必要かという点が、独身者と既婚者では違ってくるからです。見直しをする際には、受取人の変更手続きも忘れずにするようにしましょう。結婚すると、家族の関係性が変わります。自分に万が一のことがあったときに財産を誰に残すべきかを考えて、本当に必要な人を受取人にすることが大事です。この記事では、結婚を控えている独身者を対象に、終身保険の受取人を親から配偶者に変えるメリットとタイミングを解説します。

記事を見る

catch-img

終身保険で相続対策するなら受取人の決め方が重要!

終身保険は保険期間が一生涯ということもあり、加入に慎重になる人が多いようです。途中解約もできないと思っている人が少なくありません。しかし、加入後の状況によっては終身保険も解約が必要になるケースがあります。そんなときに、できるだけ損のないように解約する方法がわかっていれば安心です。実は、終身保険を解約したときには解約返戻金を受け取れます。ただし、解約返戻金は、保険料の支払い方や解約する時期によって金額が大きく異なります。この記事では、これから終身保険の加入をしたいと思っている人を対象に、なるべく受取人が損をしないように解約返戻金を受け取る方法について解説します。

記事を見る

catch-img

終身保険の解約返戻金! 受取人が損をしない方法とは?

終身保険は保険期間が一生涯ということもあり、加入に慎重になる人が多いようです。途中解約もできないと思っている人が少なくありません。しかし、加入後の状況によっては終身保険も解約が必要になるケースがあります。そんなときに、できるだけ損のないように解約する方法がわかっていれば安心です。実は、終身保険を解約したときには解約返戻金を受け取れます。ただし、解約返戻金は、保険料の支払い方や解約する時期によって金額が大きく異なります。この記事では、これから終身保険の加入をしたいと思っている人を対象に、なるべく受取人が損をしないように解約返戻金を受け取る方法について解説します。

記事を見る

catch-img

終身保険の受取人と変えられる? 変更するシチュエーションとその方法

終身保険は契約者と被保険者、受取人の関係によって保険金にかかる税金の種類が変わってきます。税金の種類が変わるということは、同じ金額の保険金でも誰がもらうかによって受け取る金額が変わるということです。契約者や被保険者と受取人との関係が変わったときには、受取人の変更が必要です。終身保険に加入した当初は想定していなかったことが変更理由になるケースもあります。ですから、どのようなシチュエーションで受取人の変更が必要になるのかを、あらかじめ知っておいたほうがよいでしょう。この記事では、終身保険の受取人の変更が必要になるシチュエーションと変更の方法を紹介します。

記事を見る

catch-img

終身保険の保険金は受取人が変わると税金も変わるってホント?

終身保険への加入を考えているなら、誰を死亡保険金の受取人にするかを慎重に考える必要があります。なぜなら、誰が死亡保険金の受取人になるかによって、かかる税金の種類が変わるからです。しかも、終身保険は受取人になれる人が限られています。そのため、想定している人を保険金の受取人に指名できないケースもあるということを覚えておきましょう。また、せっかく保険をかけても、満額の保険金を受け取れないケースもあるので、その点も要注意です。この記事では、これから終身保険に加入しようと考えている人を対象に、誰が受取人になるかによってどのように税金の種類が変わるかを解説します。

記事を見る

catch-img

終身保険の受取人を契約者本人にするのは可能? どんなケースが考えられるの?

終身保険に加入する際には、保険金の受取人を誰にするかをしっかり考える必要があります。なぜなら、契約者、被保険者、受取人の関係によって税金が余分にかかってしまうこともあるからです。終身保険の場合、受取人を配偶者や子、親などにするケースが目立ちます。しかし、保障内容によっては本人を受取人に設定することも可能です。ここでは、終身保険の加入を考えている人を対象に、契約者本人を受取人にできるのはどのようなときなのか見ていきましょう。

記事を見る

catch-img

終身保険は受取人を誰にするかが重要! 受取人別の注意ポイントいろいろ

同じ保険金額の終身保険でも、受取人を誰にするかによって、実際に受け取れる金額が変わってくることをご存知でしょうか。契約者、被保険者、受取人という3者の関係によって、保険金にかかる税金の種類が変わるためです。この記事では、終身保険の加入を考えている人を対象に、想定される受取人別に注意ポイントを解説していきます。

記事を見る

catch-img

生命保険の見直しをするべきメリットとは?ベストな保険を見つけるための指南書

大きな病気やけがの際にも、安心して治療を受けられる医療保険。特に、ライフスタイルの変化や結婚、出産などの大きなイベントを迎えると、多くの人が医療保険への加入や見直しを検討しているようですが、自分には本当に必要なのか、また加入するにはどのタイミングがいいのかなど迷う人は少なくないでしょう。そこで、30代から高齢者までさまざまな年代の人が、医療保険の必要性と加入のポイントについて理解できるよう、年代別に解説していきます。

記事を見る

お問い合わせ

保険についての疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。